日本のボッシュ被災地復興支援イベント第4回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)が今年もやって来た!!」

PR TIMES / 2014年11月28日 10時2分



日本のボッシュ・グループは、2011年の東日本大震災の復興支援活動の一環として開始したイベント「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)が今年もやって来た!!」を、本年も12月4日(木)に開催致します。

今年で4回目となるこのイベントは、12月6日に聖ニコラウスが、1年間良い子にしていた子供たちに贈り物を渡すという欧州伝統の行事「聖ニコラウスの日(St. Nikolaus Day)」にちなみ、ボッシュ・グループが2011年に寄贈したコンテナハウスを利用している東松島市内の小野保育所を含む3つの保育所(障害児デイケアセンター含む)に通う児童(今年は292名)を対象に、毎年開催しているものです。

当日は今年で4回目の訪問となる聖ニコラウスに扮したボッシュ株式会社代表取締役社長のヘルベルト・ヘミングと、召使、天使、雪だるま役を演じる3人の社員が各所を訪問し、「来年もくるからね」と約束した子供たちに、手書きのメッセージカードを添えた、ドイツの木のおもちゃやビスケットなどのプレゼントを手渡します。

震災から4年、被災しても明るく頑張ってきた保育所の児童たちが、これからもずっと元気に笑顔でいてくれることを願うとともに、ドイツ式のクリスマスを体験し、楽しい思い出を作ってもらえれば幸いです。

なおプレゼントに添えるひとつひとつ手書きしたメッセージカードや、子供たちに贈るプレゼントの梱包作業などの事前準備に、総勢約50人の社員ボランティアとその家族が協力しております。

少し早いクリスマスで、報道関係者のみなさまには、ご多忙中、大変恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上ぜひご取材いただけますよう、ご案内申し上げます。

-記-
1.  実施日:2014年12月4日(木)

2.  各保育所への訪問スケジュール:


9:30 - 10:15 小野保育所(東松島市小野字中央38-2)※
10:30 - 11:15 矢本西保育所(東松島市矢本字道地浦139-1)
11:30 - 12:15 大曲浜保育所(東松島市大曲字寺前61-2)


※注:ボッシュ・グループが寄贈したコンテナハウスを利用している保育所

3.  対象児童数:292名(予定)

4. 本件に関するお問い合わせ窓口:

社会貢献事務局
コーポレート・コミュニケーション部
マーケティング・コミュニケーションG
佐伯 妙子
Tel: +81-3 5485-3393
e-mail: taeko.saeki@jp.bosch.com

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング