1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

テイクアンドギヴ・ニーズのウェディングプランナー 「GOOD WEDDING AWARD 2021」でクリエイティブ賞を獲得!

PR TIMES / 2021年7月7日 16時15分

~4年ぶり3回目の特別賞受賞~

全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治、以下T&G)は、リクルートブライダル総研が主催する「第11回 いい結婚式のプランニングコンテスト GOOD WEDDING AWARD 2021」において、当社が運営するガーデンヒルズ迎賓館 大宮所属のウェディグプランナー工藤ゆかりが、クリエイティブ賞を受賞したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12799/132/resize/d12799-132-0778de6ebf3679fc749c-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/12799/132/resize/d12799-132-7ce2c910302f079bf807-1.jpg ]

 一年間で最も心に残り、新郎新婦の想いや要望を最良の形で実現した結婚式を決定するこのコンテストにおいて、当社のプランナーの特別賞受賞は4年ぶり3回目です。

 受賞作品のテーマ「mix, melt, blend in」には、普段伝えられない素直な気持ちをご家族に伝えることで、互いの想いが合わさり、感情が溶け出し、心がひとつになるように、という意味が込められています。その中でも特に伝えたい気持ちのひとつが、新郎から母親代わりの祖母への感謝でした。想いの強さをゲストにも知ってほしいという希望から、お祖母様がよく作ってくれた料理を再現し、新郎から直接提供するサプライズシーンを考案。当日、表情の硬いお祖母様を見たプランナーは、心の温度を上げる工夫をしたいと考え、新郎に「一緒に住んでいた頃を思い出して、一言添えてお渡ししましょう」と声をかけました。お祖母様が昔よくしてくれたハグを思い出し、新郎が全く同じハグとともに料理を提供するとお祖母様は涙を流して喜ばれます。お客様の背景や気持ちに寄り添う提案と、披露宴中も最善のアクションを模索し行動する姿勢が実を結び、感動の場面となりました。

 また、ベスト50には当社の結婚式が過去最多となる7件選出されました。これは、店舗の全セクションのスタッフが参加する結婚式創り研修や全社での社内コンテストなどの取り組みが、プランニング力の底上げとセクション間の連帯強化につながり、新郎新婦の希望をより高いレベルで叶えられるようになった結果であると考えます。

 当社は今後も、より良い結婚式創りのための取り組みを推進し、新郎新婦とゲストにとって、結婚式当日はもちろん、その後の人生も豊かにできる時間の提供を目指してまいります。


≪クリエイティブ賞受賞者≫
[画像3: https://prtimes.jp/i/12799/132/resize/d12799-132-e4411074e9ebcf78fc6b-2.png ]

工藤ゆかり


2018年 株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ入社。
会場見学時のお客様の案内から、打ち合わせ、当日のオペレーションまで一貫して担当する“ウェディングプランナー・イベントディレクター”としてガーデンヒルズ迎賓館 大宮( https://www.tgn.co.jp/hall/omiya/gho/)に勤務。
「ただ挙げるのではなく、より人生が豊かになる結婚式のために」をモットーに、日々結婚式とご新郎ご新婦のことを考え、提案の幅を広げています。

≪受賞作品概要≫
テーマ:「mix, melt, blend in」
新郎新婦の想いを最も効果的な方法でご家族に伝えるため、綿密なヒアリング、店舗の全セクションとのミーティングを経て様々な提案をし、当日も新郎新婦とゲストの様子を注視して最良の行動を考え抜きました。新郎からお祖母様に想いを伝える演出の他にも、結婚式を挙げていない新婦両親のためのサプライズ挙式の中で新婦から感謝の言葉を述べたり、新郎が20年間会っていなかった母にリモートで晴れ姿を見せて大切な存在であることを伝えたりと、新郎新婦がそれぞれのご家族への想いを伝えるために、妥協なく考え行動した結婚式でした。

≪GOOD WEDDING AWARD≫
株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルートブライダル総研主催のコンテストで、全国のウェディングプランナーから寄せられた、一年間で最も心に残り、カップルの想いや要望を素敵な形で実現した!と思う結婚式の中から、グランプリを決めるコンテスト。プランナーが新郎新婦の想いやその背景を理解し、創造性と構成力をもってプランニングすることで、新郎新婦・ゲストの双方にとって忘れられない“心に残る結婚式”が世の中に溢れるお手伝いをすることを目的に、2011年から実施されています。11回目となる今大会は、全国から515件のエントリーがあり、7月6日(火)の最終審査会では、予選を通過した8名のファイナリストがプレゼンテーションを行い、審査員の審査と会場による投票の結果、受賞者の発表と授賞式が行われました。
https://souken.zexy.net/wedding/gwa2021_online-viewing.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング