デルタ航空、3年連続でメジャーリーグ・ベースボール(MLB)の日本における公式エアラインパートナーに

PR TIMES / 2014年3月26日 19時23分

引き続き、パッケージツアーやマーケティング活動にMLB及び30球団のチームロゴを使用



【東京、2014年3月26日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、Major League Baseball(メジャーリーグ・ベースボール、以下MLB)の日本における公式エアラインパートナーに3年連続で認定されたと発表しました。公式エアラインパートナーの契約により、デルタ航空のパンフレットやリーフレット、ポスター、トレードショー、展示会などで展開するマーケティング・宣伝用資料にMLBのロゴを掲載できるほか、シーズン中にMLB観戦ツアーを実施する際に、MLBロゴや球団ロゴの使用が可能になります。

公式エアラインパートナーとして、デルタ航空は過去2年間にわたりMLBと国内で様々な活動を行ってきました。2013年には東京、兵庫、三重にてベースボールテーマパーク「MLB ROADSHOW」(MLB ロードショー)に協賛したほか、東日本大震災の被災地である宮城県石巻でのMLB JAPAN主催チャリティイベントの開催をサポートしました。

今年は、4月26日に開催される「MLB チャリティーリレーマラソン at 国立競技場」にオフィシャルパートナーとして協賛するほか、夏から秋にかけて日本各地で開催されるMLB ロードショーの開催をサポートする予定です。

デルタ航空日本支社長の森本 大(もりもと・まさる)は、「日本国内でのMLBの公式エアラインパートナーに3年連続で認定され、大変光栄です。日米をつなぐ最大級の航空会社として、また、米国で積極的にMLBをサポートする航空会社として、両国をスポーツでつなぐ役割を果たしていきたいと思います」と述べています。

MLB Japanマネージング ディレクターのジム・スモール (Jim Small) 氏は「デルタ航空はMLBの母国アメリカで長年にわたりチームとのパートナーシップ関係を構築しています。また、最近では東京のみならず、日本の地方都市においても野球の楽しさを広める活動を支援して下さっています。過去2年にわたる良好な協力関係を礎に、今年はさらに多くのことを成し遂げられると考えています」と述べています。

デルタ航空はアトランタ・ブレーブス、シンシナティ・レッズ、デトロイト・タイガース、ミネアポリス・ツインズ、ニューヨーク・ヤンキース、ニューヨーク・メッツ、セントルイス・カーディナルスのオフィシャルスポンサーとして、航空会社の中で最も多くのMLBチームをサポートしています。また、アトランタ・ブレーブス、ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルス、ニューヨーク・ヤンキース、ニューヨーク・メッツ、フィラデルフィア・フィリーズ、ピッツバーグ・パイレーツ、シアトル・マリナーズ、セントルイス・カーディナルス、サンディエゴ・パドレス、ミネアポリス・ツインズ、ワシントン・ナショナルズの各クラブチームのチャーターフライトを運航しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング