国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」で行われる予定の実験に協力し筋骨格系維持訓練システム「ハイブリッドトレーニングシステム(HTS)」の装具を開発

PR TIMES / 2014年3月10日 12時0分

2014年4月フライトミッションで着用実験、検証実施予定(2014年3月現在)

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、国際宇宙ステーション内で行われる、筋骨格系維持訓練システム「ハイブリッドトレーニングシステム(HTS)」のうち、装具を開発しました。



国際宇宙ステーションにおいて、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(以下、「JAXA」)が、HTSを使用して宇宙飛行士の宇宙長期滞在における筋骨格の委縮に対する効果の検証実験を行う予定です。

今回の検証実験では、宇宙での長期滞在が本格化し、これまで以上に、宇宙飛行士が健康で快適な宇宙での生活を続けていくことが重要となった近年、微小重力環境下で低下する筋力を維持するための方策のひとつとして、HTSによる筋力維持の効果が検証されます。

HTSは、JAXA、久留米大学及び九州工業大学が共同で基礎研究と要求仕様の策定を行い、千代田化工建設株式会社がJAXAより開発を受注したものであり、当社は、HTSのうち宇宙飛行士が装着する装具について宇宙仕様の設計・開発を行ったものです。

HTSは、電気刺激による運動抵抗を利用した筋骨格系維持効果を目的とした装置・装具と、訓練効果を評価するための筋力測定器で構成されます。

この搭乗員装具は、専門知識が無くても電極の位置決めが正しく設定でき、微小重力下で補助がなくても一人で装着が可能、且つ、適正な締付力で電極を固定できる特長を有する装具となっています。

■提供製品
名称:ハイブリッドトレーニングシステム(HTS)のうちの装具  
特長:
専門知識が無くても電極の位置決めが正しく設定できる。
微小重力下で補助がなくても一人で装着が可能。
適正な締付力で電極を固定できる.  
仕様設定    :  JAXA、久留米大学、九州工業大学
装置設計・製作:  千代田化工建設株式会社

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング