「不正出血について」の調査結果

PR TIMES / 2013年5月8日 13時57分

『ルナルナ』ユーザーのアンケート調査「みんなの声」

(株)エムティーアイが運営する、女性のカラダとココロの健康情報サイト『ルナルナ』では、毎月サイト内で「みんなの声」と題してアンケート調査を行っています。
多くのユーザーから回答が寄せられ、生理やカラダに関する内容をはじめ、他では聞けない女性の悩みや本音が明らかになっています。
今回Vol.4では、「不正出血について」の調査結果をお届けします。
ホルモンの異常や様々な病気により、月経以外に性器から出血することを「不正出血」と呼びます。女性なら誰でも起こり得る身近な症状ですが、その原因は多岐に渡り、あまり心配のないものもあれば、重大な病気が隠れている場合もあるので、注意が必要です。
こうした「不正出血」について、ルナルナユーザーはどんな悩みを抱えているのか…その実態を調査しました。



■ 約8割の女性が「不正出血」について知っていると回答!
Q1.「不正出血」を知っていますか?
まず、初めにルナルナユーザーに「不正出血」の認知度を聞いてみたところ、79.1%のユーザーが知っていると回答しました。
「聞いたことはあるが内容は知らない」と答えた人は、19.1%で、「聞いたことがない」という人はわずか1.9%しかいませんでした。
ほとんどの女性は、「不正出血」を身近な症状として認知しているようです。

■ 64.6%の女性が「不正出血」の経験あり!
Q2.「不正出血」になったことは、ありますか?
では実際に「不正出血」になったことがあるかをたずねたところ、64.6%の女性が「ある」と回答しました。ルナルナユーザーの5人に3人は「不正出血」を体験しており、逆に「これまでなったことがない」という人は、30.6%しかいませんでした。
こうした結果からも「不正出血」が、「生理痛」や「生理不順」などと並ぶ女性特有のカラダに関する悩みのひとつといえるようです。


■ 「不正出血」は「生理と生理の間で不定期に・・・」が21.0%
Q3. どのようなタイミングで出血がありましたか?
つぎに「不正出血」したタイミングについて聞いてみました。
不正出血の経験がある人の回答で多かったのは「生理と生理の間で不定期にあった」で21.0%でした。
ストレスや体調不良、不規則な生活などがきっかけでホルモンバランスが崩れることにより、「不正出血」につながってしまうことも多いようです。
次いで「性交のあと」18.5%、「排卵期前後」15.4%と続き、排卵期に起こる中間出血の人も多く見られました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング