ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループ 3事業の2012年業績を発表

PR TIMES / 2013年5月1日 9時16分

2013年4月30日 日本/東京
ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鳥居正男)は4月30日、同社グループ3事業の2012年(1-12月)業績を発表しました。
医療用医薬品事業、アニマルヘルス事業で市場の成長を大きく上回る
3事業の業績はそれぞれ、医療用医薬品事業では216,398百万円/前年比107.3%(薬価ベース*1)、コンシューマーヘルスケア事業では44,959百万円/前年比93.0%(店頭販売ベース*2)、アニマルヘルス事業では6,141百万円/前年比105.9%(卸出荷ベース*3)でした。
2012年の医療用医薬品市場が100.7%*1の成長に留まる中、ベーリンガーインゲルハイム ジャパンの医療用医薬品事業は107.3%*1の成長を果たし、また、同社のアニマルヘルス事業は売り上げを5.9%*3増加させ、同グループの2事業で市場を上回る成長を遂げました。
日本のグループを統括するベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社 代表取締役社長 鳥居正男は昨年を振り返り、「医療用医薬品事業では初めて2,000億円(薬価ベース*1)の大台を突破し、コンシューマーヘルスケア事業ではスイッチOTCであるアレジオン10(R)が市場で大きな存在感を示し、アニマルヘルス事業では、豚ワクチン市場でのリーディングポジションを確立する一方、2013年2月のコンパニオンアニマルの自社販売の立上に向けた準備を行うなど、3つの事業それぞれで将来の成長に弾みをつける記念すべき一年となりました」。とコメントしました。
*1 医療用医薬品売上高は全て薬価ベース 出典: (C) IMSジャパン(株) JPM(2011 & 2012)無断転載禁止 
*2 コンシューマーヘルスケア製品売上高は全て店頭販売ベース 出典:(株)インテージ SDIデータに基づき 弊社定義にて作成 
*3 アニマルヘルス製品売上高は全て卸出荷ベース  出典:クレコンリサーチ&コンサルティング
 
医療用医薬品事業 : 日本ベーリンガーインゲルハイム
-売上2,000億円*1を達成-
ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループの医療用医薬品事業は、1961年の日本での事業開始以来、初めて2,000億円(薬価ベース*1)の売上を達成しました。2011年に発売された抗凝固薬プラザキサ(R)、パーキンソン病治療薬ミラペックス(R)LA、糖尿病治療薬トラゼンタ(R)の処方制限が解除*4されたことにより、これら製品の売上が伸長しました。また高血圧治療薬のミカルディス(R)ファミリー[ミカルディス(R)(胆汁排泄型持続性AT1受容体ブロッカー)、ミコンビ(R)(利尿薬との配合剤)、ミカムロ(R)(持続性Ca拮抗薬との配合剤)]、COPD(慢性閉塞性肺疾患)治療薬のスピリーバ(R)の売上も伸長し、2,000億円(薬価ベース*1)達成に貢献しました。
*4新医薬品については、薬価基準収載の翌月の初日から1年間は、原則、1回14日分を限度として投与することとされています。
2013年は、2012年に引き続き医療用医薬品事業の更なる成長を期待しています。「2型糖尿病」の新効能・効果を取得したトラゼンタ(R)は、すべての経口糖尿病治療薬及びインスリン製剤との併用療法が可能になり、より多くの2型糖尿病患者さんの治療に貢献できると確信しています。またミカルディス(R)ファミリーに新たに、国内初の高用量ARBと持続性CCBの配合剤ミカムロ(R)配合錠BPが加わることで、既存の薬剤ではコントロールが不十分な高血圧患者さんの治療に貢献していきます。また、腫瘍領域、C型肝炎領域などの新たな疾患領域においても、革新的な医薬品の開発が順調に進められています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング