本日4月1日、第1号の“絶叫”新郎新婦が誕生!!「高飛車ウェディング」

PR TIMES / 2012年4月2日 9時50分



富士急行株式会社(山梨県富士吉田市)では、本日4月1日、富士急ハイランドのオフィシャルホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」の新ウェディングプラン、絶叫マシンに乗って愛を誓う「高飛車ウェディング」を実施し、第1号の“絶叫”新郎新婦が誕生しました。
 この第1号“絶叫”新郎新婦は山梨県在住の橋本卓美(たくみ)さん、松澤安曇(あずみ)さんです。お二人は直前に行われたチャペルでの挙式後に、ロンドンタクシーで「高飛車」の乗車口に乗りつけました。そこで列席者と一般のお客様から祝福を受けた後、新郎卓美さんが「がんばります!」と力強く宣言し、お二人揃ってプラットホームに向かいました。そして、タキシードとドレス姿のまま1車両貸切の「高飛車」に乗り込み、愛を誓いながらの絶叫体験「高飛車ウェディング」がスタートしました。
「高飛車」最大の絶叫ポイントであるギネス世界記録認定の121度の落下の直前では、新郎卓美さんが「待たせてごめんね。僕と結婚して下さい!!」と大きく叫び、これに対して新婦安曇さんが「はい!よろしくお願いします。」と答えました。結婚に際してこれまではっきりとした告白の言葉がなかったため、これが正式なプロポーズになったそうです。
晴天の富士山をバックに、ゲストや一般のお客様の見守る中での絶叫体験を乗り越えた新郎新婦は、「これからジェットコースターのような山あり谷ありの人生になるかもしれませんが、愛の力で乗りきっていきたい」と、幸せそうに語りました。
 この「高飛車ウェディング」は、1月22日(日)より受付を開始した新ウェディングプランで、昨夏オープンしたギネス世界記録を持つ絶叫コースター「高飛車」で愛を誓う、富士急ハイランドのオフィシャルホテルならではのオリジナルウェディングです。尚、今回の第1号に続く“絶叫”新郎新婦を今後も募集しております。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング