飲食店のオープンが多かった街のNo.1は?人気の駅・エリアのランキングを発表!

PR TIMES / 2015年6月9日 12時9分

飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.COM (http://www.inshokuten.com/)」(運営:株式会社シンクロ・フード)は、当サイトの飲食店データより「飲食店のオープンが多かった街ランキング」を発表いたしました。



まず駅別のオープン数ランキングでは、渋谷駅が前年に続き1位となっており、続く2位、3位に恵比寿駅、池袋駅といった若者に人気の町がランクイン。いずれも居酒屋・ダイニングバーの開店件数が多くなっています。
4位にはビジネス街である新橋駅がランクインしており、こちらも居酒屋・ダイニングバー、また専門バーが多くオープンしています。“ サラリーマンの街”の健在ぶりがうかがえるといったところでしょう。
5位には神奈川県No.1のターミナル駅である横浜駅がランクイン。駅地下街の大幅な店舗リニューアルによって前年に比べて開店件数が大きく増加しています。また、注目したいのは6位の武蔵小杉駅で、前年の70位から大幅なランクアップをしています。武蔵小杉駅周辺では再開発にあわせて飲食店のオープンが相次いでいますが、中でも新商業施設「グランツリー武蔵小杉」のテナントとして多くの飲食店がオープンしたことが一番の要因となっています。さらに昨年は圏外だった君津駅についても、大型商業施設「イオンモール木更津」のオープンによって開店件数が急増しました。その他、虎ノ門駅、品川駅についても商業施設のオープンにより前年から大きく順位を上げる結果となりました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1049/139/resize/d1049-139-815587-0.jpg ]

一方で、エリア(市区町村)別でランキングを見てみると1位は2年連続で港区となっており、駅別ランキングで2年連続1位の渋谷駅や、今回2位の恵比寿駅を有する渋谷区ではありません。港区は六本木、麻布十番、赤坂、白金高輪など数多くのトレンドエリアを有していることに加え、新橋駅周辺や品川駅周辺も港区に含まれることなどが駅別ランキングと異なる傾向が出た要因と考えられます。
また、駅別ランキングでは7位と大型ターミナル駅としては低い順位だった新宿駅ですが、エリア別の新宿区としては4位にランクインしています。このエリアは新宿駅、新宿三丁目駅、西武新宿駅と駅が分割されていることに加え、神楽坂駅や四谷三丁目駅周辺も対象に入ってくるため、このような結果となりました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/1049/139/resize/d1049-139-900058-1.jpg ]

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング