BSIジャパン、栃木県内初!! ISO50001(エネルギー)とISO14001(環境)を栗田工業株式会社へ同時認証

PR TIMES / 2012年9月21日 18時46分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区代表取締役社長竹尾直章、以下BSIジャパン)は、ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)とISO14001(環境マネジメントシステム)を、栗田工業株式会社(栃木県宇都宮市 代表取締役社長岩谷 正博、以下栗田工業)」に同時認証を実施しました。

 栗田工業では、1977年の設立当初から、空調換気・給排水衛生設備等の設計、施工の業務を通して、安全で快適な環境づくりを提供してきました。その「快適な環境づくり」のために、これまでも環境問題や省エネ活動にも積極的に取り組んできました。2002年に認証取得したISO9001と共に、その取組みの姿勢を、より外部へ強く示し、お客様への提案へも反映させていくために、今回のISO50001とISO14001を同時取得する運びとなりました。

 ISO50001は、組織のエネルギー効率の改善とコストの削減を目的としたエネルギーマネジメントシステムの国際規格であり、2011年6月15日に発行されました。国内の認証件数は、約10件※であり、今回の栗田工業の認証は、業界初及び栃木県内初となるとても先進的な取組みとなります。
 ※BSI調べによる。

<栗田工業 管理責任者 増子秀嗣様からのコメント>
●ISO50001及びISO14001の構築目的
近年のエネルギー事情を考慮すると同時に、社員全員の意志の統一が図られ、省エネに取組める具体的な手段として、ISO9001と共に、このISO50001及びISO14001を同時に構築しました。

●構築・認証して良かった点、苦労した点等
これまでISO9001の取組みをしていましたので、その活動を統合したQEEn(品質・環境・エネルギー)マニュアルを作成し、社員が理解し易く、且つ容易に取組めるシステムの構築に苦労しました。しかし、社員が理解し易い仕組みにすることで、日々の仕事の中で取組みを自主的に行うことができ、社員全員の意識が向上しました。

その結果としてエネルギー効率改善とコスト削減に繋がり、省エネ効果としては、電気を約5%削減(2010年比)することができました。これらの成果も、社員一人一人が自主的に取組むことができるようになった結果と考えています。

●今後の活用
エネルギー効率改善とコスト削減の企業責務を果たし、ISO50001及びISO14001の運用で得たノウハウを、今後は、自社だけでなくお客様への提案を含めて営業展開に活かしていきたいと考えています。
空調のプロフェッショナルとして、自社以外へも取組みを広げていくことにより、社会全体に、環境問題及び省エネへの取組みを広げることに繋がると考えています。栗田工業の企業理念である「立派な人格の上に立派な技術が育つ」ということに基づき、これからも社員全員で、積極的に取り組んでいきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング