BUCK-TICK 約30年ぶりの無観客ライブ、初の生配信ライブをFanStreamアプリで生配信!StreamPassにて視聴パスを販売!

PR TIMES / 2020年9月3日 13時45分

~グッズ付き視聴チケットも販売~



音楽アーティストのファンサイト運営を手掛ける株式会社Fanplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤元)と電子チケット事業やチケット二次販売「チケプラトレード」を運営する株式会社Tixplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田 宗多朗)は、視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」とコメントやギフティング機能を搭載の視聴アプリ「FanStream」を活用して、BUCK-TICKが実施する、初の生配信ライブ『ABRACADABRA LIVE ON THE NET』の視聴チケットの販売ならびに配信を提供することをお知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2848/139/resize/d2848-139-499294-2.jpg ]

【配信概要】
9月21日にニューアルバム『ABRACADABRA』をリリースするBUCK-TICKが、1991年以来、約30年ぶりの無観客ライブ、そして初の生配信ライブの開催が決定!新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、5月・6月に予定していたファンクラブ・モバイル会員向けのコンサートツアーが延期となり、いつライブができるのか見えない中、メンバーの要望でニューアルバムの曲を生配信でいち早く披露することが決定いたしました!
またメンバーインタビュー動画も交え、普段のコンサートとは趣のことなるスペシャルな配信ライブをお届けします!この日はバンドデビュー日でもあり、特別な記念日をお楽しみください。


公演タイトル:ABRACADABRA LIVE ON THE NET
配信日時:2020年9月21日(月・祝)
     OPEN 18:00/ START 19:00
※OPEN時間は、FanStreamでの配信時となります。配信プラットフォームにより異なります。

視聴価格:
1.一般視聴チケット: 5,000円(税込)
2.FISH TANK会員/LOVE & MEDIA PORTABLE会員限定チケット:4,500円(税込)
3.グッズ付きチケット(一般)12,000円(税込)送料別
4.グッズ付きチケット(FISH TANK会員/LOVE & MEDIA PORTABLE会員限定):11,500円(税込)送料別
※グッズ付きチケットのグッズは、Tシャツ、ラバーバンド、ラミネートパス付きとなります。

販売期間:2020年9月2日(水)18:00~2020年9月29日(火)18:00
アーカイブ配信期間:2020年9月23日(水)18:00~9月29日(火)23:59まで(予定)

【販売URL】
https://tixplus.jp/feature/bucktick_200921/

【BUCK-TICK OFFICIAL FAN CLUB「FISH TANK」】
https://fc.buck-tick.com/

【BUCK-TICK OFFICIAL MOBILE SITE「LOVE & MEDIA PORTABLE」】
https://sp.buck-tick.com/
[画像2: https://prtimes.jp/i/2848/139/resize/d2848-139-229904-0.png ]

※配信の視聴には視聴パス「StreamPass」の購入が必要になります。
※生配信視聴は、配信視聴専用アプリ「FanStream」をダウンロードしご覧いただけます。
(アプリダウンロードには、iOS端末・Android端末のいずれかの端末が必要となります)

----------------------------------------

■視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」と視聴専用アプリ「FanStream」について
音楽ライブやイベントが中止・延期となっている現状、我々も動画配信を通じてアーティストやファンを微力ながらサポートすることはできないかと考えました。
価値あるパフォーマンスはアーティストに還元できるよう、無観客ライブや自宅ライブ等を視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」で販売することが可能です。
そして、視聴専用アプリ「FanStream」では、生配信を観ながらコメントやギフティングでアーティストの応援ができる機能を搭載し、アーティストとファンがよりインタラクティブにつながれるようになります。
配信収益は、大手動画配信サイトでギフティングや有料配信するよりも、高い利率でアーティスト・主催者へ還元しますので、本来のライブ同様に、ファンの方の応援がアーティストへの支援となります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/2848/139/resize/d2848-139-691135-3.jpg ]

※VR MODE社とVR配信も連携

【視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」概要】
・生配信やオンライン配信の視聴PASSを有料販売することができます。
・ファンクラブ認証がカンタンに行えるので、ファンクラブ会員には割引視聴PASSを販売することも可能
・アーティストへ支援を行いたい場合は、ドネーションを送れます。
・記念コンテンツサービス「メモコレ」をつかって、デジタルコンテンツ販売やオンラインくじも同時に実施可能。
配信ページからグッズ販売を行うことも可能。
・販売した配信収益は、通常の配信プラットフォームより、高い利率でアーティストに還元。

■StreamPassサービスサイト
https://tixplus.jp/feature/streampass/


【視聴専用アプリ「FanStream」概要】
[画像4: https://prtimes.jp/i/2848/139/resize/d2848-139-911069-1.jpg ]

コメントやギフティング機能を搭載した生配信視聴専用アプリ。ファンとの密度をより濃く、よりインタラクティブに、ライブやイベント参加のバーチャル体験を提供します。

・アプリならではの操作性で快適な視聴を実現。
・生配信の視聴中に、リアルタイムでのコメント投稿やアバターアクション、アイテム投稿が可能。
・ギフティングのアイテムやアバターをカスタマイズするパーツの従量販売が可能。
(ギフティングについては、主催者が導入可否を選択することができます)

■FanStreamサービスサイト
https://fanstream.jp/


■株式会社Fanplusについて
2020年4月、EMTG株式会社と株式会社エムアップのファンクラブサイト事業を統合し「株式会社Fanplus」としてスタートしました。新体制化を機に、新たな決意をもって“アーティストとファンの架け橋となるインターネットサービスを実現するベストパートナー”を目指し、変わることなくエンターテインメント業界発展のために取り組んでまいります。これからの「株式会社Fanplus」にどうぞご期待ください。

会 社 名 : 株式会社Fanplus (ファンプラス)
所 在 地 : 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル 9階
代 表 者 : 代表取締役 佐藤 元
設  立 : 2007年3月
事業概要: ファンサイト・ファンクラブの企画・開発・運営
      アーティストグッズオンライン販売システムの開発・運営
      音楽メディアの企画・運営
U R L : https://fanplus.co.jp/


■株式会社Tixplusについて
スマートフォン電子チケット(チケプラアプリ)やライブやイベントに行けなくなった時に、定価でチケットを譲渡できる主催者公認のチケット二次流通サービス「チケプラトレード」を運営。
電子チケットは、音楽以外でも、プロ野球などのスポーツ関連、遊園地などのレジャー/文化施設など、多数の導入実績を誇り、年間約200万枚へと発券枚数を大きく増加させており、電子チケット業界有数の規模となっております。

「チケプラトレード」は、個人間のやりとりがなく、定価で安全にトレードができるチケットの公式二次流通で業界に先駆け10年以上運営し、2019年6月からは資本業務提携を行った業界大手チケットプレイガイドの「イープラス」で購入したチケットもトレードが利用できるなど、対象のイベントを拡大しています。
今後は興行主催者や他のチケット販売事業者との連携も強化し、音楽ジャンルのみならず演劇、スポーツや各種イベント等のトレード対象チケットを増やし、業界の健全な発展に寄与したいと考えています。

会 社 名 : 株式会社Tixplus(ティックスプラス)
所 在 地 : 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル 10階
代 表 者 : 代表取締役 池田 宗多朗
設   立 : 2018年12月18日
事業概要: 電子チケットに関連したシステムの開発、各種サービスの提供並びに運営
U R L : https://tixplus.co.jp/


【本件に関するお問合わせ・取材等のお申込み先】
以下どちらでもお受けいたします。
株式会社Fanplus 総務経理部 広報担当
E-mail: press@fanplus.co.jp

株式会社Tixplus 広報担当
E-mail: press@tixplus.co.jp

※記載されている会社名及びサービス名/ロゴは、各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング