TOKYO FM & JFN present EARTH × HEART LIVE 2013特別番組収録 「音楽でコトバの壁を越えてみせる!」 Mayday×flumpool 初共演の意気込みを語る

PR TIMES / 2013年2月18日 20時15分



TOKYO FMをはじめとするJFN加盟全国38のFM局は、ステーションメッセージである「アース&ヒューマ
ンコンシャス」の理念に基づき、2013年4月17日(水)、NHKホールで、「TOKYO FM&JFN present EARTH
× HEART LIVE 2013」を開催いたします。今年は、このメッセージを、アジア地域を中心に世界へ広く呼び
かけることを目的に、中国語圏で圧倒的な人気を誇る台湾出身バンド「Mayday」と、日本の音楽シーンの
中核から、さらなる未来へ羽ばたこうとしている「flumpool」が初共演いたします。
2月17日(木)、このライブイベントに先駆けた特別番組の収録に、Maydayとflumpoolメンバー全員が揃っ
て登場。意気込みを熱く語りました。この模様は、2月20日(水)23:05~『flumpool LOCKS!』、および、4月上
旬に55分番組としてTOKYO FMで放送致します。

収録時の様子

まず、お互いの印象を聞かれると、flumpool は、「Mayday は憧れのバンド。特にライブが素晴らしい!本
当にお客さんと一緒になってライブを作っている。音に魂がこもっていて、伝わってくる」と絶賛。これに対
して、Mayday も「flumpool はカッコイイだけじゃなくて、実力があって、とても誠実。台湾でflumpool がライブ
を行ったとき、片言の中国語ながら2 分くらい挨拶をしたのはすごいと思う」と語りました。
Mayday とflumpool はかねてから音楽での親交をあたためています。
flumpool が3 月に台湾・香港・シンガポールでリリースするアルバム『experience』には、Mayday のボー
カリスト阿信が、flumpool の「証」に中国語でオリジナルの歌詞をつけた「証明」と、Mayday のヒット曲
「OAOA」に、山村隆太が新たな日本語歌詞をつけたカバー・バージョンが収録されています。

山村隆太は、この「証明」のレコーディングの際、「ふだんは優しい阿信さんが、とても怖かった!でもそれぐらい一生懸命に発音を教えてくれたので、熱意にこたえようと思ってがんばった!」と告白。阿信は「ボクの友達も、日本人が歌っているとは思わなかった、と言っていた」と、その仕上がりを絶賛しました。
そして今回の初共演については、Maydayは「Twitterを見ても、たくさんの人が期待してくれていることがわかるので楽しみです!」。そして、flumpoolは「Maydayに胸を借りる気持ちで精一杯がんばります。音楽にはコトバの壁が無いことを、必ずこのライブで伝えたい!」と熱い思いを語りました。
ライブのテーマとなっているアジアの環境問題については、flumpoolは、「次の世代にもつながっていく大事な問題だと思う。国ごとの問題ではなく、アジア全体の問題として考えていくべき」と語り、Maydayは「自分の体を守るように、環境問題も早くからケアしていかないと、知らぬ間に悪化してしまう。次の世代のためにも僕たちががんばっていかなければ」と、真摯な思いを語りました。
今回『EARTH×HEART 2013』で、満を持しての初共演を果たすMaydayとflumpool。音楽を通じてアジアが1つになるステージにどうぞご期待ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング