【スマートフォンでの音楽利用に関するアンケート調査】スマートフォンで音楽を聴く人は、スマホ利用者の4割強。スマホで聴く理由は、「移動中に聴きたい」「いつも持っている」「持ち歩く機器が1つで済む」など

PR TIMES / 2014年6月30日 9時29分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『スマートフォンでの音楽利用』に関するインターネット調査を2014年6月1日~5日に実施し、10,416件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19114/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■スマートフォンで音楽を聴く人は2割弱、スマートフォン利用者の4割強。音源は、購入またはレンタル・借りたCDから取り込んだもの、動画共有サイトなどが多い
■スマートフォンで音楽を聴く理由は「移動中に聴きたい」が最も多く、「いつも持っている」「持ち歩く機器が1つで済む」「操作しやすい」「使いやすい・気に入っているアプリがある」「曲の管理がしやすい」が続く
───────────────────────────────────────────



◆音楽を聴く機器
"自宅"で音楽を聴く機器は、「パソコン」(46.6%)が最も多く、「ラジカセ、CD・MDプレーヤー」「デジタルオーディオプレーヤー/ポータブル」「ミニコンポ」「スマートフォン」が各1~2割で続きます。10・20代では「デジタルオーディオプレーヤー/ポータブル」「スマートフォン」が多く、女性10代では「スマートフォン」が1位となっています。

"自宅以外"では、「カーナビ、カーオーディオ」が32.2%、「デジタルオーディオプレーヤー/ポータブル」が24.7%、「スマートフォン」が15.6%です。女性10代では「スマートフォン」が1位で、6割弱にのぼります。20代では「デジタルオーディオプレーヤー/ポータブル」が1位、男性40代以上や女性30代以上では「カーナビ、カーオーディオ」が1位です。iPhone利用者では、「スマートフォン」で聴く人が他の層より多くなっています。


◆スマートフォンで音楽を聴く頻度、音源
スマートフォンで音楽を聴く人は2割弱です。若年層ほど多く、10代では6割弱を占めます。また、10代では「ほとんど毎日」が2割強と、利用頻度も他の年代より高くなっています。スマートフォン利用者の中では、スマートフォンで音楽を聴く人は4割強です。iPhone利用者では「週1回以上」が4割で、他の層より頻度が高い傾向です。

スマートフォンで音楽を聴く人に、どのような音源のものを聴くかを聞いたところ、「購入したCDから取り込んだもの」「レンタルや借りたCDから取り込んだもの」「動画共有サイト」が各3~4割で上位となっています。パソコンやスマートフォンで有料・無料ダウンロードしたものは、それぞれ2割弱です。「購入したCDから取り込んだもの」は男性が女性を約14ポイント上回ります。「動画共有サイト」は女性で多く、女性10~30代では1位の項目です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング