関西人に比べ、関東人は「お酒好き」。アルコールに関する調査 東西比較~嗜好編~

PR TIMES / 2020年8月31日 15時45分

関西に比べ、関東はアルコールと共に食も積極的に楽しむ傾向。

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、一都三県、二府二県在住の20~50代の男女に「アルコールに関する調査」を実施し、その結果を8月21日に公開しました。※調査日は2020年7月10日(金)~2020年7月14日(火)です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/18991/139/resize/d18991-139-957848-0.jpg ]


【 調査結果 】
~東西比較シリーズ「アルコールに対する価値観について」~
食に対する味覚や好みが異なる東西。ではアルコールの位置付けに差はあるのでしょうか。
今回は関東と関西で、アルコールの価値観についての違いを探りました。
本記事では「アルコールにおける嗜好の差」について特集します。

< トピックス >


関西に比べ関東は、アルコールと共に食を積極的に楽しむ傾向に。
男女共に関東の方があらゆるお酒を楽しみ、関東は飲むお酒に多様性がある。
男性は、関西に比べて関東の方がお酒を「とても好き」と答える。



< ピックアップ >
■普段アルコールと共に食べる食事の種類
Q.次の中であなたが普段食べているおつまみを全てお知らせください。(複数選択可)
関西に比べ関東は、アルコールと共に食を積極的に楽しむ傾向にあり、年齢が高まるほど顕著にみられる。
また、関東人の8割強が「お肉系の食事」をアルコールのお供としている。中でも関東の女性は幅広い食事を共に選択しており、健康に配慮をしている様子も伺える。


[画像2: https://prtimes.jp/i/18991/139/resize/d18991-139-408364-3.png ]



■好きなお酒の種類
Q.次の中で、あなたが好きなお酒を全てお知らせください。(複数選択可)
男女共に関東の方があらゆるお酒を楽しみ、関東は飲むお酒に多様性があるといえる。


[画像3: https://prtimes.jp/i/18991/139/resize/d18991-139-459543-2.png ]



■アルコール好意度
Q.あなたはお酒がどのくらい好きですか。あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)
男性は、関西に比べて関東の方がお酒を「とても好き」と答える。
一方、関東では男女差はあまりないものの、関西では女性の方がお酒を好む。


[画像4: https://prtimes.jp/i/18991/139/resize/d18991-139-543388-4.jpg ]



【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/ex202008alcohol_taste/
※上記ページにて、レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・普段アルコールと共に食べる食事の種類
・好きなお酒の種類
・普段アルコールと共に食べる食事のジャンル
・アルコール好意度
・普段のお酒の飲み方

【 調査概要 】
調査名  :アルコールに関する調査 東西比較~嗜好編~
調査対象者:男性、女性/20~50代/一都三県、二府二県
有効回答数:800サンプル
割付   :地域、性別、年代で均等割付
調査期間 :2020年7月10日(金)~2020年7月14日(火)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング