【東京都渋谷公園通りギャラリー】「フィールド⇔ワーク展」開催のご案内

PR TIMES / 2020年4月2日 9時55分

日々のアトリエに生きている



本展は、アール・ブリュットや独学のアーティストなど多様な背景をもった創作活動に新たに注目し、独自の手法で創作を続けてきた岡田美佳、澤田隆司、清水政直、似里力、蛇目の5名の力のある作り手たちと、ひとりの写真家(齋藤陽道)の出会いをつくり、ご紹介する展覧会です。

5名の作り手たちの作品〈ワーク〉とともに、今回、齋藤陽道が出会い、写した、作り手たちの生活や創作の現場〈フィールド〉をご覧いただきます。この両者を行き来していただくことで、作品鑑賞の場でありながら、作品鑑賞を媒介として、新たな他者との出会いへとイマジネーションの翼をひろげます。
「その場所に行き、出会い、知る」といったフィールドワークならではのアクティブな世界との関わり方をヒントとして、作品と作品の背後を捉え直し、人の創造活動のはじまりを考えようという試みです。

[画像: https://prtimes.jp/i/38211/139/resize/d38211-139-839120-0.jpg ]


【展覧会概要】
展覧会名:「フィールド⇔ワーク 展 日々のアトリエに生きている」
会 期 :2020年4月25日(土)~7月5日(日)
休館日 :月曜日(ただし、5 /4は開館)、5/7
会 場 :東京都渋谷公園通りギャラリー
入場料 :無料
出展作家:齋藤陽道、岡田美佳、澤田隆司、清水政直、似里力、蛇目
主 催 :(公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー
その他 :新型コロナウイルス感染拡大の影響等により、開催を一部中止等する場合があります。

【関連イベント】
会場は、すべて 東京都渋谷公園通りギャラリー での開催です。

■アーティスト関連トーク
登壇者:清水政直(出展作家)、蛇目(出展作家)、板垣崇志(るんびにい美術館アートディレクター)
日 時:2020年4月25日(土)14:00 –15:30(手話通訳付、事前申込不要)

■サイレントトーク(筆談)鑑賞ツアー
〔ファシリテーター:タップタップラボ〕
日 時:2020年5月 3日(日)13:30 –14:30
        6月21日(日)13:30 –14:30(要事前申込(定員各回10名))

■スペシャルトーク「フィールドワークで世界をひらく」
登壇者:齋藤陽道(出展作家)、都築響一(写真家・編集者)
日時:2020年5月29日(金)19:00 –21:00(手話通訳付、要事前申込(定員30名予定))

■トークセッション「作り手のフィールドとワークを語る」
Vol.1 岡田美佳と刺繍画
 登壇者:村田真佐子(岡田美佳後援会理事長)、山崎明子(奈良女子大学教授/美術史・視覚文化論)
 日時:2020年5月2日(土)13:30 –15:00(要事前申込(定員30名予定))
Vol.2 澤田隆司と協働の絵画
 登壇者:新川修平(片山工房理事長)、岡原正幸(慶應義塾大学教授/社会学・障害学)
 日時:2020年5月10日(日)13:30 –15:00(要事前申込(定員30名予定))

■レクチャー&ワークショップ「視覚を超える造形」
〔協力:ミューズ・カンパニー〕
講師:西村陽平(日本女子大学名誉教授・美術家)
日時:2020年6月6日(土)14:00 –16:00(要事前申込(定員10名/18歳以上の方))

■学芸員によるギャラリートーク
日時:2020年6月27日(土)14:00 –15:00(手話通訳付、事前申込不要)

※関連イベント等の詳細は、当ギャラリーWebサイト( https://inclusion-art.jp)に順次掲載します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング