世界初、「リサとガスパール」のテーマカフェ、NEOPASA駿河湾沼津にオープン!

PR TIMES / 2012年4月11日 16時2分



富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、取締役社長:堀内光一郎)では、2012年4月14日、新東名高速道路の部分開通にあわせ、NEOPASA駿河湾沼津上り線の2Fに、「Le Cafe de Gaspard et Lisa」(リサとガスパールカフェ)をオープン致します。
このカフェは、フランス生まれの人気キャラクター「リサとガスパール」をテーマとしており、オープンに合わせて原作者ゲオルグ・ハレンスレーベンが書き下ろした原画の展示や、入口でお出迎えしている等身大のオブジェ、壁や天井に描かれた絵など、リサとガスパールの世界を堪能することができます。カフェスペースでは、リサやガスパールをモチーフにした「リサのベリーパフェ」や「ガスパールのチョコロールデザート」などのスイーツを、リサとガスパールが描かれたお皿に盛って提供いたします。また、テイクアウトできるメニューもあり、「オリジナルスーベニアマグカップデザート」など、かわいらしいオリジナルの容器をお持ち帰りいただくことができます。
併設のオフィシャルショップでは、ぬいぐるみやキーチェーン、絵本の他に、「トートバッグ入り紅茶」や「プリントラムネ瓶」、「オリジナル原画クリアファイル」など、ここでしか買う事ができないオリジナルのグッズも多く取り揃えております。
 さらに、オープン記念として、1000円以上ご利用のお客様先着100名様に、リサとガスパールオリジナルグッズをプレゼントいたします。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング