“フロムアクア30年物語”プロジェクトの実施について

PR TIMES / 2014年6月23日 15時27分

~フロムアクアは“谷川連峰の源水 大清水”発売開始から30年を迎えます~



■ (株)JR東日本ウォータービジネス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石戸谷隆敬)は、2014年11月にミネラルウォーター「FROM AQUA(フロムアクア)」が谷川連峰の天然水として前身の「大清水」から数えて発売開始30年となることを記念し、“フロムアクア30年物語”と題して各種プロモーションを実施します。

■発売30年を記念して、エキナカ自販機acure(アキュア)・エキナカ店舗を中心に、フロムアクアを20本買ってポイントを貯めてSL「フロムアクア号」への乗車に応募できる等の景品が当たる“フロムアクア30年物語”キャンペーンを7月1日より実施します。

■その他「谷川連峰の天然水」開発ストーリーのメディア化や谷川連峰の天然水をPRするイベントを年間を通じて展開します。

1 概要
(1) 谷川連峰の天然水の概要

1. 歴史
1972年~  上越新幹線大清水(タ゛イシミス゛)トンネル掘削工事開始
1984年11月 国鉄より谷川連峰の源水「大清水」として販売
1989年   (株)ジェイアール高崎商事による大清水「源水」の販売
1989年   テレビCM実施
2002年   Suica記念缶製造
2006年8月 (株)JR東日本ウォータービジネス発足
2007年7月 「From AQUA」(フロムアクア)発売開始
2012年3月 “落ちないキャップ”の「FROM AQUA」へリニューアル

2. 商品の特徴
・「憎い水」から「おいしい水」へ・・・大清水トンネル掘削工事を悩ませた「憎い水」は飲んでみるとまろやかでとてもおいしいと評判になり、1984年11月15日「大清水」として国鉄より発売されました。谷川連峰直下1,000mのトンネル内を水源とし、幾年も濾過された軟水は、30年変わらぬおいしさでお客さまのもとへ届いています。
・持ち歩きたくなる水へ・・・エキナカのお客さまは乗車前にフロムアクアを購入することが多いという分析結果より、フロムアクアは「持ち歩きたくなる水」として2012年に「落ちないキャップ」を採用してリニューアルしました。変わらぬ水質と常にお客さまのニーズで商品を改良する姿勢で、これからも常に「持ち歩きたくなる水」を目指します。  

2 展開概要
(1) “フロムアクア30年物語”ロゴ
フロムアクア商品キャップにロゴ・シールを貼りつけ、キャンペーンに使用します。
SL「フロムアクア」号のヘッドマーク等にも使用します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング