~あなたが美しくなると、地球も美しくなる。~ 雪肌精「SAVE the BLUE 」プロジェクト 東北の森林を守る、2020年冬のキャンペーンを開始

PR TIMES / 2020年10月23日 18時15分



 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、当社を代表するスキンケアブランド『雪肌精』を通じ、キャンペーン期間の売上の一部を自然保護活動などに寄附するとともに、地球の環境保全と啓発活動に取り組む「SAVE the BLUE」プロジェクトを推進しています。2009年より夏期に沖縄のサンゴ育成活動への寄附を行っており、10年目を迎えた2018年には、夏期に加え、冬期も東北地方での森林保全活動を開始し、“青い地球を守るプロジェクト”として進化させてきました。
※1 活動時期と内容は国によって異なります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41232/142/resize/d41232-142-114203-0.jpg ]

 日本国内では、2020年12月1日から2021年1月31日までを冬のキャンペーン期間とし、期間中、お客さまにご購入頂いた『雪肌精』ブランド対象商品の売上の一部を、NPO法人「森は海の恋人」(理事長:畠山 重篤、所在地:宮城県気仙沼市)へ植樹費用として寄附、東北エリアの森林保全に取り組みます。豊かな生態系をもつ里山を維持管理することで、自然環境を良好な状態に保ち、それにより川によって繋がっている海の環境の保全を目指す「森は海の恋人」とともに、地球全体の環境保全へとつなげています。

 なお、2009年より開始した夏のキャンペーンにおいては、期間中、お客さまにご購入頂いた『雪肌精』シリーズ対象商品の容器の底面積分の合計に相当する面積の環境保全費用を、サンゴ育成活動費用として、有限会社「海の種」(代表:金城 浩二、所在地:沖縄県読谷村)へ寄附しています。海水温の上昇の影響により、世界各地でサンゴの死滅につながる白化現象が発生している中、「SAVE the BLUE」プロジェクトにより植えつけてきたサンゴの中から高水温に耐性を持ったものが誕生し、白化することなく多くの卵が沖縄の海に広がっているなど、サンゴ礁の再生や保全に希望を与えています。

これまでの活動成果
〈夏のキャンペーン〉
・2020年度
サンゴ植え付け本数 : 636本  
面積 : 3,878,493平方センチメートル (25メートル公認プールの約1.03倍に相当)
・2009年度-2020年度 累計
サンゴ植え付け本数 : 17,978本  
面積 : 109,072,619平方センチメートル (25メートル公認プールの約29.0倍に相当)

〈冬のキャンペーン〉
・2019年度
   植樹費用として売上金額の一部を寄附
※新型コロナウイルスの影響により、植樹は実施しておりません。
・2018年度-2019年度 累計
森林植樹本数  300本

◇雪肌精SAVE the BLUE Webサイト  http://www.savetheblue.sekkisei.com/

SDGsへの貢献

[画像2: https://prtimes.jp/i/41232/142/resize/d41232-142-544449-1.jpg ]

 当社は2017年に国連グローバル・コンパクトに署名し、SDGs※2への貢献を目指しています。また、2020年4月に策定した「コーセー サステナビリティ プラン※3」の6つの取り組みテーマのうち、「ビューティを通じた環境課題への貢献」のメインとなる活動のひとつが、「SAVE the BLUE」プロジェクトです。この活動は、国連の掲げるSDGsの「14 海の豊かさを守ろう」「15 陸の豊かさも守ろう」にも貢献しています。当社の掲げる「美しい知恵 人へ、地球へ。」という企業メッセージおよびサステナビリティ指針のもと、今後もサステナブルな社会の実現を目指し、青く美しい地球の自然環境を次の世代へつなげていきます。
※2 SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、2015年の国連サミットで採択された、2030年までの15年間のための「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。17の目標と、169のターゲットから構成されています。
※3  2020年4月30日リリース  
https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2020/04/f5606d4c457804f8482c00673365432b.pdf
◇コーセー サステナビリティ中長期目標  
https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/plan/goal/

2020年度 冬のキャンペーン概要(日本)
<対象期間>
2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)

〈内容〉
キャンペーン期間中に雪肌精の対象商品をお買い上げいただくと、その売上の一部が植樹費用として寄附され、東北エリアの森が広がります。

<対象商品>
・雪肌精 クリアウェルネス シリーズ
  〈化粧水・乳液各種〉(レフィル 含む)
・雪肌精 シリーズ (エクセレント 含む)
〈化粧水・乳液各種(エンリッチタイプ、雪肌精エッセンシャル スフレ含む)〉(ミニミニを除く)
・雪肌精 シュープレム シリーズ
  〈化粧水・乳液各種〉
・雪肌精 みやび シリーズ
〈化粧水・乳液各種、サイクレイター、ゴールデン スリーピング マスク〉

海外の「SAVE the BLUE」プロジェクトについて
 2011年からは、海外にも活動の範囲を広げており、期間中、『雪肌精』対象商品の売上の一部を、エリアごとに必要な環境保全活動に寄付する取り組みをしています。

〈中国〉
対象商品の売上の一部を、内モンゴルの砂漠の緑化費用としてNPO_GREEN生命集団へ寄付します。

〈台湾〉
対象商品の売上の一部を、サンゴの養殖費用として山海天使に寄附します。

〈香港〉
日本の沖縄サンゴの移植活動に協賛し、対象商品の売上の一部を、サンゴの養殖費用として寄附します。

〈韓国〉
森を造成するNPO団体tree planetに協賛し、ソウル特別区ノウル公園(夕焼け公園)にて、“SEKKISEI森作り”活動を予定、植林活動を持続的に支援していきます。

〈タイ〉
対象商品の売上の一部を、Koh Monnai Rayong Provinceのウミガメ保護及びサンゴ礁保全のため、Marine and Coastal Resources Research and Development Center, Eastern Gulf of Thailandに寄附します。

〈シンガポール〉
対象商品の売上の一部を、サンゴ礁保全費用として慈善団体Garden City Fundに寄附します。

〈マレーシア〉
対象商品の売上の一部を、Terengganu islandのサンゴ礁保全のため、Reef check Malaysiaに寄附します。

〈インドネシア〉
SAVE the BLUEキャンペーンイベントにて竹のストローやエコバックを配布することで、SEKKISEIが行う地球環境保全をお客さまへ発信していきます。

〈アメリカ〉
対象商品の売上の一部を、NGO団体、Coral Reef Alliance に寄附します。

◇これまでの活動は当社サステナビリティサイトをご参照ください。
https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/special1/

『雪肌精』ブランドについて
 『雪肌精』は、和漢植物エキスをバランスよく配合することにより、透明感のある肌に導く化粧水として1985年に誕生しました。発売以来、確かな肌効果と使い心地の良さから多くのかたに支持されています。現在ではカテゴリーの追加や販路の拡大により当社を代表するスキンケアブランドとして成長しており、特に化粧水は、1985年の発売から累計出荷本数6,150万本※4を超えるロングセラー商品です。当社の重点グローバルブランドのひとつとして、海外でも共通のプロモーションを展開しており、国内外、年代問わず、幅広くご愛用いただいています。
 2020年9月にはブランド初のリブランディングを実施、これまで配合してきた和漢植物にとどまらず、植物・食物・大地など、地球が育んだ自然の力を探求し、商品に配合。今回のリブランディングを体現した新シリーズ「雪肌精 クリアウェルネス」を中心に、ブランドの最高峰と位置づける「雪肌精 みやび※5」、既存の「雪肌精」、「雪肌精 シュープレム」の4つのシリーズ体系で、生まれ変わった『雪肌精』ブランドの存在感と付加価値を高め、さらなるグローバル化の加速と、新規顧客との接点拡大を目指しています。
◇雪肌精 ブランドサイト  http://www.sekkisei.com/
※4 2020年3末時点、各サイズ品・限定品を含む。
※5 2020年1月14日発行 ニュースリリース  
https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2020/01/20200114.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング