1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

そのままでも一品に、アレンジも手軽な点が好評/「キムチ」ランキング 利用率1位は「東海漬物」、総合満足度1位は「フードレーベル」、おいしさ満足度1位は「大象ジャパン」、リピート率1位は「秋本食品」

PR TIMES / 2021年11月5日 12時45分

シルミル研究所のWebコンテンツ「ウーマンリサーチ」が実施した「キムチ」に関する調査

園児とママの情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行する株式会社こどもりびんぐ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:中島一弘)は、「シルミル研究所」としてリサーチ事業を展開しています。「シルミル研究所」では、女性を対象にした調査「ウーマンリサーチ」を実施し、女性が選ぶおすすめの商品やサービスをランキング形式で、Webコンテンツとして発信しています。今回は2021年10月に実施した「キムチ」についての調査結果を発表いたします。
【詳細はこちら】  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/885484/



[画像1: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-fa21500407b62479a0a0-0.png ]




今回のテーマは女性が選ぶ「キムチ」のランキング

2021年10月に実施した調査において、「東海漬物 こくうまキムチ」が利用率第1位、「フードレーベル 牛角韓国直送キムチ」が総合満足度第1位、「大象ジャパン 宗家キムチ」がおいしさ満足度第1位、「秋本食品 王道キムチ」がリピート率第1位となりました。
▼「東海漬物 こくうまキムチ」  http://www.kyuchan.co.jp/kokuuma/top.html
▼「フードレーベル 牛角韓国直送キムチ」  https://foodlabel.co.jp/products_category/tsukemono/
▼「大象ジャパン 宗家キムチ」  https://www.daesang.co.jp/product/kimchi/kimchi_01/
▼「秋本食品 王道キムチ」  https://www.akimoto.co.jp/product/wando_kimuti/


「市販キムチ」購入は84%、「おかずとしてそのまま食べる」人が多数

ウーマンリサーチでは、全国のWeb会員を対象に「キムチ」についての調査を実施。回答者779人中、市販のキムチを「購入して食べる」人は84.0%と大多数にのぼりました。「手作りして食べる」人は0.9%、「飲食店でのみ食べる」人も5.1%いました。好きなキムチの素材は「白菜(ペチュキムチ)」が95.8%、「大根(カクテキ)」(56.3%)、「きゅうり(オイキムチ)」(53.6%)と続きました(複数回答)。食べ方は「おかずとしてそのまま食べる」人が93.2%と最多で、「炒め物にする」(63.2%)、「鍋に入れる」(47.0%)、「チャーハンにする」(38.6%)の順に多くなりました(複数回答)。今回は「キムチ」について、購入時に重視しているポイントなどについて詳しく聞きました。


女性が選ぶキムチ、受賞商品購入者の声

「東海漬物 こくうまキムチ」購入者からは、「おいしくてコクがあり、白菜のシャキシャキ感もあり、常にリピートしている」(30代・東京都)、「フードレーベル 牛角韓国直送キムチ」購入者からは、「そのまま食べても料理に使っても食べやすく、ボトル型で少しずつ使いやすい上に、ニオイも漏れなくて最高」(30代・大阪府)という声が寄せられました。また、「大象ジャパン 宗家キムチ」購入者からは、「酸味と辛みのバランスが良くておいしい」(40代・三重県)、「秋本食品 王道キムチ」購入者からは、「とても好き。食感も楽しませてくれるので食べ応えもありリピートしています」(30代・埼玉県)と支持する声も。

[画像2: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-5e966eea5e1bb7882897-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-a9724194d68264a356d9-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-c96d27e5e250038325c0-5.jpg ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-2fdc5ce65bbaab3d3d6b-3.jpg ]




購入時に重視したポイントは「うま味」、コロナ禍で食べる頻度増は13.9%

市販のキムチを購入する理由は「キムチが好きだから」が77.5%と最も多く、次いで「おいしいから」(68.0%)、「手軽だから」(56.7%)と続きました(複数回答)。
また、キムチの購入時に最も重視したことは「うま味」が32.1%と最多、次いで「価格の安さ」「内容量」と続きました(グラフ1)。

[画像6: https://prtimes.jp/i/57067/142/resize/d57067-142-6f936d1d9ff3ef127d18-1.jpg ]


コロナ禍でキムチを食べる頻度に変化があったかについては、「増えた」人が13.9%と「減った」1.5%に比べて多い結果に。「おうち時間が増え、1品足りないときによく食卓に出すように」(40代・宮崎県)、「健康に気を付けたいと思い、発酵食品を積極的に食べるようになった」(30代・東京都)、「自宅でお酒を飲む機会が増え、キムチをつまみにすることが多くなった」(40代・茨城県)など、おかずやおつまみとして手軽に使えることや、健康効果も期待して取り入れている人が多いようです。また、「在宅のためランチでも臭いを気にせず気軽に食べられる」(50代・東京都)というコロナ禍ならではの声も。


よく作るレシピは「豚キムチ」「キムチチャーハン」ほか、変わり種レシピも

キムチを使って作るオススメのレシピを聞いたところ、「豚キムチ」「キムチチャーハン」「納豆キムチ」「キムチ鍋」が定番として多く寄せられたのに加え、「ポテトとウインナーとキムチにチーズをかけてグリルで焼く」(40代・大阪府)や「焼いたトーストの上にキムチを載せ、粉チーズをかける」(40代・神奈川県)など、チーズと組み合わせている人も複数。他にも「春巻きの皮でキムチを包んで揚げ焼きに」(30代・埼玉県)や、「長芋・キムチ・韓国海苔を混ぜ、ゴマ油をかけて食べる」(30代・大阪府)などシンプルレシピも。中には「バニラアイスといっしょに食べるのにハマってます」(30代・兵庫県)という変わり種も寄せられました。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/57067/table/142_1_70b1f5fd5a5eaaa58195815be5396e28.jpg ]


株式会社こどもりびんぐは、小学館グループで園児とママ向け情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」の発行、ウーマンリサーチ等女性やママ・パパ、保育士を対象とした「リサーチ事業」を展開するメディア事業者です。今後もウーマンリサーチでは、さまざまなテーマで調査を実施、報告してまいります。第1位を受賞された企業には、受賞ロゴ・調査データ活用のご提案もしております。受賞ロゴ・ナンバーワン表記は広告・店頭ツール・商談資料・ブランドサイト・SEO対策等、幅広くご活用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

【ウーマンリサーチ 過去のランキング】
・鍋の素  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/880845/
・フライパン  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/882276/
・生理用品  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/882390/
・宅配クリーニング  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/883900/
・からあげ専門店  https://enfant.living.jp/mama/woman_research/884347/

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社こどもりびんぐ 事業本部 メディアビジネス部 事業開発チーム
E-mail:woman.research@kodomoliving.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください