『企業のクラウド化に関する実態調査』~固定資産を持たないことがカギに。クラウドサービス活用で「コスト削減」、「業務の効率化」に期待~

PR TIMES / 2014年7月8日 15時23分

アプリ&システムのクラウド化が進む!クラウドサービス利用意向は約70%。一方で、進んでいない電話システムのクラウド化も、高いニーズが明らかに

企業におけるクラウドサービスの利用実態について
 ◆クラウドサービスは定着が進む。約70%がクラウドサービスを利用、もしくは今後の利用を検討。
 ◆固定資産を持たないことがカギに。クラウドサービス活用で「コスト削減」、「業務の効率化」を期待。
 ◆メールなど、誰もが行うオフィス業務はクラウド化を導入。一方、電話システムのクラウド化は進んでいない。

電話システムのクラウド化について
 ◆経営層に比べて高い、現場のクラウド化に対するニーズ意識。
  情報システム・総務担当者で高い、PBX/ビジネスホン(=電話交換機)のクラウド化意向。
 ◆PBX/ビジネスホンのクラウド化で、コストメリット他、ロケーションフリーの内線構築を期待。



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2014年6月12日~14日に『企業のクラウド化について』のアンケート調査を実施いたしました。
調査対象は、企業におけるITシステム/通信整備管理・調達に携わる経営者と、情報システム・総務担当者、全国の20代~50代男女から、計300件の回答を集めました。
当社では、本調査の様なビジネス向けの内容など、幅広いテーマ・対象のリサーチサービスをご提供しています。

調査結果サマリー

第1章:企業におけるクラウドサービスの利用実態について
◆クラウドサービスは定着が進む。約70%がクラウドサービスを利用、もしくは今後の利用を検討。
・全体の約70%が、クラウドサービスを利用、もしくは今後の利用を検討している。
・全体の約70%が、今後クラウドサービスを導入することに対して、興味・関心があると回答し、企業におけるクラウドサービスの活用が定着してきている。

◆固定資産を持たないことがカギに。クラウドサービス活用で「コスト削減」、「業務の効率化」を期待。
・クラウドサービスの導入を通して、「固定資産の削減」、「運用メンテナンスコスト」の削減を期待。
・クラウドサービス活用による「業務効率化」もクラウドサービスの導入時のモチベーションとなっている。

◆メールなど、誰もが行うオフィス業務はクラウド化を導入。
一方、電話システムのクラウド化は進んでいない。
・「ストレージ」「メール」「グループウェア」が、クラウドサービスとして主に導入されている。
・企業ジャンルを問わず誰もが行うオフィス業務は、クラウド化されている一方で、オフィスに必須の「電
話」システムについては、わずか7.3%しかクラウド化されていない。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング