在日外国人は日本人より新型コロナへの予防意識が高い~在日外国人の新型コロナ調査 第一弾~

PR TIMES / 2020年9月3日 15時15分

在日外国人の方が日本人より新生活様式を実践している

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、全国の20歳以上の男女(在日外国人パネル)に「在日外国人の新型コロナ調査 第一弾」を実施し、その結果を9月2日に公開しました。※調査日は2020年8月7日(金)~8月14日(金)です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/18991/143/resize/d18991-143-545236-3.jpg ]


【 調査結果 】
同じ日本に住んでいるとはいえ、在日外国人の方々は持っている価値観や生活意識は日本人と異なる部分も多いでしょう。
コロナ禍において、その価値観や生活意識は日本人とはどのように異なるのでしょうか。
過去に当社が日本人に対して実施した新型コロナウイルスに関する調査データと比較し、調査レポートにまとめました。

< トピックス >


宅配やネットでの買い物、キャッシュレス決済の利用は日本より多い
日本人より新生活様式を実践している
買い物時の危機意識も日本人より高い
収入への影響は日本人より大きい
情報はネット収集が主流



※調査結果のダウンロードはこちら
https://www.asmarq.co.jp/data/ex202009foreigner_covid-19/

< ピックアップ >
■コロナ後の変化(増えたこと)
Q.あなたは、新型コロナウイルスの流行によって、以下にあげる事柄で、変化したこと(増えたこと)はありますか。
自宅にいる時間が増えたことに伴い宅配の利用も増加しており、時期は異なるものの日本人より積極的に利用している様子。また、キャッシュレス決済の利用やネットでの日用品の買い物においても日本より高い水準となっており、危機意識の高さがうかがえる。さらにキャッシュレス決済は在日年数が長くなるほど少なることから、母国に比べて日本にまだ浸透していないことが背景にあると推察。


[画像2: https://prtimes.jp/i/18991/143/resize/d18991-143-572261-5.png ]



■新生活様式の実践状況
Q.あなたが、新型コロナウイルス感染予防のためにしていることはありますか。あてはまるものをすべてお答えください。(複数選択可)
傾向は日本人と同様だが、在日外国人の方が事態を重く受け止めており、危機意識が高い。
特に屋内で遊ぶことに対する意識差が大きい。

[画像3: https://prtimes.jp/i/18991/143/resize/d18991-143-663915-4.png ]




■買い物時気にする事
Q.あなたは、新型コロナウイルスの流行によって、日用品や食品の買い物において気にするようになったことはありますか。あてはまるものをすべてお答えください。(複数選択可)
買い物時も日本人より予防意識の高さが顕著にみられる。
ソーシャルディスタンスはもちろん、混雑する時間帯をさけることに対して日本人との意識の差が大きい。

[画像4: https://prtimes.jp/i/18991/143/resize/d18991-143-397028-2.png ]



【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/data/ex202009foreigner_covid-19/
※上記ページにて、レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・コロナ後の変化(増えたこと)
・活動割合
・新生活様式の実践状況
・買い物時気にする事
・働き方の変化
・収入の変化
・情報入手経路
・信用できる情報媒体
・情報に対する不安
・コロナ後の変化(減ったこと)

【 調査概要 】
調査名  :在日外国人の新型コロナ調査 第一弾
調査対象者:男性、女性/20歳以上/全国/在日外国人パネル
有効回答数:300サンプル
割付   :国籍均等割付(アメリカ、その他の国)
調査期間 :2020年8月7日(金)~8月14日(金)
調査方法 :Webアンケート
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング