1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

学習eポータル+AI型教材「Qubena (キュビナ) 」の「Qubena 教科書×AI コンテンツ」第2弾として中学校5教科の「中学 教科書単元確認問題」をリリース

PR TIMES / 2023年11月29日 17時40分

~各教科書の掲載作品や用語、表現などを使用した教科書準拠問題約9000問を搭載~

株式会社COMPASS(本社:東京都文京区、代表取締役:小川 正幹、以下 COMPASS)はこのたび、提供する学習eポータル+AI型教材「Qubena(キュビナ)」が、文部科学省検定済の主要教科書に準拠した問題をQubenaのAI機能により個別最適に学べる「Qubena 教科書×AI コンテンツ」の第2弾として、「中学 教科書単元確認問題」をリリースいたしますことをご報告いたします。
本コンテンツは、中学校の国語・英語・数学・理科・社会の5教科の、各自治体で採択している文部科学省検定済の主要教科書に準拠した問題を約9000問搭載しており、各教科書単元ごとの知識の定着や指導内容の理解度の確認のための演習などにご活用いただけます。英語・数学・理科・社会の4教科は本日リリースを実施、国語につきましては後日追ってリリースを予定しております。



[画像1: https://prtimes.jp/i/24557/143/resize/d24557-143-bd446548b162f27b5267-0.jpg ]

GIGAスクールの1人1台端末環境において、さまざまなデジタルサービスの導入・活用が学校現場で進み、教育データの利活用が次なるテーマとして注目される中、COMPASSはこれまで子どもたちの「個別最適な学び」の実現のため、学習者を中心としたサービスの垣根を越えた連携に積極的に取り組んでまいりました。

その中でも、学校教育の主たる教科書とシームレスに接続することは、子どもたちの「個別最適な学び」に必要不可欠とCOMPASSは捉えており、これまで提供してまいりました国語の語彙や漢字、英単語など教科書に準拠した問題に加え、このたび、文部科学省検定済の主要教科書に準拠した問題をQubenaのAIが児童生徒一人ひとりの習熟度に合わせて出題し個別最適に学ぶことができる「Qubena 教科書×AI コンテンツ」を順次リリースしていくことといたしました。


その第1弾として、先日、中学校英語の全教科書に準拠した「中学 教科書基本例文問題」をリリースいたしましたが、このたび、第2弾として「中学 教科書単元確認問題」をリリースいたします。本コンテンツは、中学校の国語・英語・数学・理科・社会の5教科の、各自治体で採択している文部科学省検定済の主要教科書に準拠した問題を約9000問搭載しており、各教科書単元ごとの知識の定着や指導内容の理解度の確認のための演習などにご活用いただけます。英語・数学・理科・社会の4教科を本日11月28日にリリースを実施、国語については後日追ってリリースを予定しております。

先日発表した、各自治体で採択されている教科書の目次と同じ章名・並び順でQubenaの搭載問題が学習可能になる「教科書の目次対応」(2024年4月予定)も、教科書へのシームレスな接続の一環になります。今後、小学校についても「Qubena 教科書×AI コンテンツ」の搭載を予定しており、順次リリースしてまいります。

また、Qubenaをご利用中またはご利用検討中の中学校の先生、教育委員会のご担当者様を対象に、本コンテンツ「中学 教科書単元確認問題」の教科ごとの問題内容と活用場面をご紹介する活用セミナーを、12月26日(火)14時30分よりオンラインで開催いたします。問題配信などの操作を体験いただくプログラムも用意しておりますので、ふるってご参加ください。申し込み方法など詳細は担当営業にお問い合わせください。


<「Qubena 教科書×AI コンテンツ」の特長>
[画像2: https://prtimes.jp/i/24557/143/resize/d24557-143-fdadca8a0277ab5f5e57-3.png ]

1.文部科学省検定済の主要教科書に準拠
文部科学省検定済の主要教科書に準拠した問題が搭載されており、各自治体で採択されている教科書と同じ内容・並び順で学習することができるため、子どもたちにとってより学びやすくなり、また先生にとっても短い教材研究の時間で演習やテストへの活用ができます。

2.QubenaのAIによる個別最適な学び
QubenaのAIが児童生徒一人ひとりの習熟度に合わせて出題するので、教科書に準拠した問題を個別最適に学ぶことができます。

<「中学 教科書単元確認問題」の特長>
1.中学校5教科の主要教科書に準拠
全国の中学校の国語・英語・数学・理科・社会の5教科で採用されている主要教科書に対応しております。

2.各教科書の単元の理解度を確認できる問題を約9000問搭載
各単元の知識の定着や指導内容の理解度を確認できる問題を約9000問搭載しております。単元終了時の理解度チェックやテスト前の演習などにご活用いただけます。

3.各教科書に掲載されている作品や本文を使用した問題を搭載
国語や英語では単元ごとに教科書に掲載されている作品や本文を使用した問題を搭載しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/24557/143/resize/d24557-143-a53e6bf37be0fbe021a9-1.jpg ]

4.各教科書で使用している用語や表現・事例に合わせた問題を搭載
理科や社会では教科書ごとに使用している用語や表現、事例などに合わせた問題を搭載しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/24557/143/resize/d24557-143-212209fe304ff929dfbe-2.jpg ]

<参考:2023年11月7日発表プレスリリース>
『学習eポータル+AI型教材「Qubena (キュビナ) 」のAI機能で教科書準拠した問題を個別最適に学べる「Qubena 教科書×AI コンテンツ」を搭載』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000024557.html

<参考:2023年9月5日発表プレスリリース>
『学習eポータル+AI型教材「Qubena (キュビナ) 」2024年4月より各自治体で利用している教科書の目次に対応』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000139.000024557.html


◆COMPASSについて URL:https://qubena.com/
AIが児童生徒一人ひとりの習熟度に合わせて最適な問題を出題するAI型教材「Qubena」を開発し、2021年度には小学校・中学校の5教科対応版をリリース。2022年9月にはMEXCBTとの連携を行い、学習eポータル+AI型教材「Qubena」として学習eポータルのサービス提供を開始しました。
現在は全国170以上の自治体、小中学校約2,300校で100万人以上が利用しており、累計解答数は15億件を突破。全国の子どもたちのアダプティブラーニングによる知識・技能の習得を支援しています。
2018年度から20年度まで3年連続で経済産業省「未来の教室」実証事業に採択。また「日本e-learning大賞 経済産業大臣賞」「グッドデザイン賞」を受賞しています。


COMPASSはこれからもQubenaの提供を通して、すべての子どもたちを取り残すことなく「個別最適な学び」を届けるリーディングカンパニーとして、さらなる公教育へのICT普及に貢献できるよう邁進してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください