『オリエント M-FORCE 200m Light Sports』 6月14日発売

PR TIMES / 2014年5月27日 14時6分

人気の「オリエント M-FORCE」に、タウンユースに合わせやすい新モデルが登場

存在感あるケースとストライプの型打ちダイヤルを採用した本格ダイバーズウォッチ





オリエント時計株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮川 二郎、資本金:19億3,700万円)は、『オリエント M-FORCE(エムフォース) 200m Light Sports』1型3アイテム(価格:60,000円+税、65,000円+税)を、2014年6月14日より全国で発売いたします。


「オリエント M-FORCE」シリーズは、1997年から発売している本格的スポーツウォッチシリーズです。「M-FORCE(=メカニカル・フォース)」の名前の通り、“強さ”を表現した“機械式”時計として、発売当時から多くの方々のご支持をいただいています。


このたび発売する『オリエント M-FORCE 200m Light Sports』は、これまでのJIS規格のスキューバ潜水用200m防水機能や特殊構造による衝撃吸収性を備えつつも、タウンユースにも合わせやすいデザインを採用した新モデルです。

ケースは49.1mmと大きめのサイズで、「M-FORCE」共通のコンセプトである、厚みを強調した屈強な印象を与えるデザインを採用しました。また、バンドとの接合部を一本足形状にすることで、ケースの存在感を一層高めるとともに、ダイバーズウォッチでありながらもすっきりとした印象を与えています。

ダイヤルは、定番のネイビーとブラックに加え、タウンユースに合わせやすいレッドの3種類からお選びいただけます。いずれにもストライプの型打ちを施すことで、スマートなデザインに仕上げました。バンドはケースの形状に合わせ、カットの入った無垢3列駒を採用し、シンプルなデザインとしました。

機能面では、残りの駆動時間がひと目で分かるパワーリザーブインジケーター、秒針停止装置のほか、腕からの脱落をより防ぎやすくするプッシュWロック三つ折式など、ダイバーズウォッチにふさわしいスペックを備えています。


本モデルは過酷な環境下における耐久性や視認性を実証すべく、「第42回ニュルブルクリンク24時間レース」(開催国:ドイツ、開催期間:2014年6月19日~22日)にて、世界一を目指す新型「SUBARU WRX STI」のダッシュボードに搭載される予定です。


― 商 品 概 要 ―


【商品名】 オリエント M-FORCE 200m Light Sports

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング