“ハズレなしのキャラクターくじ” に 「アクセル・ワールド」が初登場! 「一番くじ」ならではの精巧な作りと豪華ラインナップ

PR TIMES / 2012年8月24日 10時50分



 バンダイナムコグループのバンプレストは、コンビニエンスストアを中心に人気を博している“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作『一番くじアクセル・ワールド』(1回600円/税込)を、9月下旬より書店、ホビー店、ナムコなどで展開します。(お取扱いのない店舗あり)

■「アクセル・ワールド」とは
 川原礫による電撃文庫小説作品。アスキー・メディアワークスより2009年2月から刊行されており、計12巻、累計発行部
数は310万部を突破した。2012年4月よりテレビアニメとして放映中。
 2046年、ニューロリンカーと呼ばれる携帯端末を用いることで生活の多くが仮想ネットワーク上で行われるようになった世界。だが、どんなに次代が進んでも「いじめられっ子」はなくならない・・・。ハルユキもそんな中学内格差(スクールカースト)最底辺に位置する一人であった。ローカルネットの片隅でひたすらにスカッシュゲームに打ち込むだけの暗く陰鬱な日々を過ごしていた彼だったが、ある日突然、校内一の有名人「黒雪姫」に声をかけられる。
彼女から謎のプログラム≪ブレイン・バースト≫を託され、≪加速世界≫の秘密を教えられたハルユキは、「黒雪姫」の「騎士」として戦うことを決意する・・・。

■『一番くじアクセル・ワールド』とは
 「アクセル・ワールド」を題材に、6等級全14種+ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクター
くじ”です。
 作品のヒロイン「黒雪姫」のリアルフィギュアを筆頭に、スポーツタオル、グラス、クリアファイルなどの実用品や、バンプレストのデフォルメフィギュアブランドでおなじみの「きゅんキャラ」まで盛り込みました。また一番くじ初登場でありながら「黒雪姫」はリアルフィギュア、きゅんキャラ、ちびきゅんキャラの3種で立体化するなど、豪華ラインナップで20~30代の男女をメインターゲットに訴求いたします。

●A賞黒雪姫フィギュア黒揚羽蝶ver. (全1種)
 物語のヒロインである「黒雪姫」のアバターである「黒揚羽蝶」を作品のイメージそのままに立体化しました。
顔、体の造形はもちろん、羽の模様、衣装のしわや手に持った日傘のたわみ具合など、細部にまでこだわったクオリティーとボリュームです。

●B賞ハルユキ&黒雪姫学内アバターver. きゅんキャラセット(全1種)
「黒雪姫」、「ハルユキ」の学内アバターセットを、バンプレストオリジナルデフォルメブランド「きゅんキャラ」で再現。とまどう「ハルユキ」と、それをいざなう「黒雪姫」の表情に注目。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング