『スマホでUSEN 2014年人気チャンネルランキング』発表のお知らせ

PR TIMES / 2014年12月18日 15時18分

~あぶり出された深層心理?安眠系・モテソングがランクイン~

株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正、以下、USEN)が展開するスマートフォン向け定額音楽配信サービス『スマホでUSEN』は、聴取人数、聴取時間を基に独自に集計した「スマホでUSEN 2014年人気チャンネルランキング」を、本日発表いたしました。(http://smart.usen.com/lp/1st_anniv/ranking/





  順位    チャンネル名

1位   USENベストヒット・ランキング J-POP
2位   時を越えて輝く名曲☆J-POP
3位   カラオケ鉄板ソング(J-POP)
4位   USENベストヒット・ランキング 洋楽
5位   最新J-POP
6位   Billboard 全米チャート
7位   アナと雪の女王チャンネル
8位   ラヴソングJ-POPヒッツ
9位   究極安眠音楽~健美のために~
10位   最新洋楽
11位   “モテ”ソングJ-POP for MEN
12位   1990's HITS(J-POP)
13位   脳のストレス解消ヒーリング
14位   2000's HITS(J-POP)
15位   R30(J-POP)
16位   泣きソングJ-POP
17位   カフェで流れるジャズピアノ for WOMEN
18位   R35(J-POP)
19位   “モテ”ソングJ-POP for WOMEN
20位   大人のJ-POPカヴァー
21位   Billboard JAPANチャート
22位   MIDNIGHT DRIVE 洋楽
23位   ナイトタイム JAZZ
24位   R40(J-POP)
25位   とっておきのリラックス・タイム
26位   アロマ・ヒーリング~美・癒・音~
27位   J-POP カヴァー・ヒッツ
28位   受験生のための集中できる音楽
29位   R50(歌謡曲)
30位   ディスコ・ヒッツ~ミラーボール~


 上位には、USENの王道であり、定番ともいえるランキングや最新系、名曲・ベストヒット系チャンネルが多数ランクインしました。今の音楽シーンをキャッチするのに最適なチャンネルや、誰もが知る定番ソングを楽しめるチャンネルが多くの支持を集める中、7位には「アナと雪の女王チャンネル」がランクインしているのも今年の音楽シーンを反映しています。女性を中心に人気を集めた「アナと雪の女王チャンネル」ですが、このチャンネルの特徴は、リピーターのみならず映画の公開終了後に、新たに聴き始めたユーザーが増加し続け、異例のロングヒットを達成したことにあります。
 もう1つの定番である「○○’s Hits」「R○○」などの世代・年代系チャンネルも上位に顔を出しています。中でも60、70年代の歌謡曲を中心に構成された「R50(歌謡曲)」、往年のディスコ・ヒッツで構成された「ディスコ・ヒッツ~ミラーボール~」がTOP30に食い込んでいることは『スマホでUSEN』がアプリサービスでありながら高い年齢層のユーザーにも支持されている結果と考えられます。
 3位に入った「カラオケ鉄板ソング(J-POP)」や11位と19位に入った「“モテ”ソングJ-POP for MEN/WOMEN」などユニークな切り口のチャンネルは、いわゆるベストヒットだけではカヴァーする事の出来ない、多様なコンシューマーニーズを捉えています。
 楽曲単位の志向が強いチャンネルが支持を集める一方、「カフェで流れるジャズピアノ for WOMEN」「MIDNIGHT DRIVE 洋楽」「ナイトタイム JAZZ」といったチャンネルへの支持は、USENが長年手掛けてきた、特定の曲を“聴く”のではなく音楽をBGMのように“流す”価値が、個人の生活シーンに根付いていることを示しています。
 また、スローテンポなヒーリングミュージックが、人間が最もリラックスしているときに発生するα派を引き出すことで快適な睡眠への誘う「究極安眠音楽~健美のために~」、集中力を高める効果があると注目されるモーツァルト作品を中心としたクラシック楽曲で構成された「受験生のための集中できる音楽」の他、「脳のストレス解消ヒーリング」「とっておきのリラックス・タイム」など、音(楽)の効果・効能を追求したチャンネルが上位にランクインしていることから「聴く」「流す」に続く、新たな音楽シーンが普及しつつあることを表す興味深い結果となりました。

 『スマホでUSEN』はお客様に、新鮮な音楽との出会い、さらには音楽というコンテンツが秘めた新たな可能性を提供し、いつまでもサービスをお楽しみいただけるよう、常に新しいチャンネルを投入し続けています。これからも『スマホでUSEN』をお楽しみください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング