1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

富士急ハイランド「新脱出迷宮アトラクション計画」始動、今夏開業予定!

PR TIMES / 2012年5月9日 15時26分



 富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)では、富士北麓で展開するアミューズメントパーク・富士急ハイランドに、今夏7月下旬導入を目指した「新脱出迷宮アトラクション計画」を始動致しましたのでお知らせ致します。
 このアトラクションは、“迷宮”と化した収容所からの脱出を試みるミッションクリア型のウォークスルーアトラクションで、脱出成功確率は限りなく0%に近い数字を目指しております。これは、世界最恐の巨大お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」で培ってきたノウハウを元に、今度はホラーではない“迷宮”を作り出すという富士急ハイランドの挑戦でもあります。延べ床総面積約3,300m2 にも及ぶその規模は「最恐戦慄迷宮」をも上回ります。さらに、「最恐戦慄迷宮」同様“リアル”にこだわって実際の収容所をイメージしており、“本物の脱出”を体験することができます。
また、収容所内はいくつかのステージに分かれており、それぞれ制限時間内にクリアしないと次のステージに進むことが出来ず、ステージが進むにつれてその難易度は増していきます。もちろん、闇雲に進むだけではクリア出来ず、「知恵」と「体力」と「運」を使い、数々の手がかりを見つけ、様々な罠を乗り越えていかなければなりません。尚、見事脱出成功したゲストにはその栄誉を称えた景品をご用意する予定です。
 ゲストへの挑戦状でもあるこの夏の「新脱出迷宮アトラクション」に、どうぞご期待下さい。

【新脱出迷宮アトラクション概要】
■開業日 :平成24年7月下旬  ※予定
■所要時間 :約5~30分
■定員 :24名 ※予定
■利用制限 :小学生以上 (ただし、小学生のゲストは、中学生以上の大人同伴が必要となります)
■料金 :800円 ※フリーパス利用可
■投資額 :約4億2千万円
■延べ床総面積 :約3,300m2
※本アトラクション導入に伴い、「合戦 戦国BASARA」及び「戦国城下町」は営業を終了いたしました。

【富士急ハイランド 営業データ】
1.営業時間  平日    9:00~17:00
        土日・祝日 9:00~18:00
           ※夏期延長営業あり
2.休園日  6/12、7/10、(8月、9月は無休)
3.料 金   入園料:おとな(中学生以上)1,300円 こども700円
        フリーパス:おとな5,000円/中高生4,500円/こども3,700円    
4.交 通   車/新宿から中央自動車道で約80分、河口湖ICに隣接
          東京から東名高速道路・御殿場IC、東富士五湖道路経由で約90分
        バス/新宿から中央高速バスで約100分、富士急ハイランド下車
           (要予約:03-5376-2222 または0555-72-5111)
           東京駅から東名高速バスで約150分、富士急ハイランド下車
           (要予約:0555-72-2922)
        電車/JR中央本線大月駅で富士急行線に乗り換え富士急ハイランド駅下車
           大月駅から約50分
5.お問合せ  山梨県富士吉田市新西原5-6-1 TEL:0555-23-2111


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング