新会社「 株式会社JTB国内旅行企画」を設立

PR TIMES / 2013年10月16日 9時11分

最大級の国内旅行商品の企画・提供会社へ ~新しい旅のカタチやスタイルを創り出し、市場拡大を目指す~ 

株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区 代表取締役社長 田川 博己)は、交流文化事業の完成を目指し、当社の国内商品事業本部を分社化し、主力商品のエースJTBをはじめとするJTBグループ全体の国内旅行に関する仕入・商品企画・商品造成を目的とする当社100%出資会社である「株式会社JTB国内旅行企画」を新たに設立します。

JTB国内旅行企画を独立会社化することで、意思決定の迅速化や財務基盤強化、販売拡大や事業領域拡大による競争優位を確立し、日本国内における旅行需要の創造と活性化、インバウンドや交流文化事業による国内旅行市場を更に拡大させます。新会社は売上高で約3,000億円、社員数約1,000名という国内でも最大規模の商品企画会社(ホールセラー)となり、次の100年に向け「日本国内の新しい旅行スタイルを創り出し、インバウンドを含む新たな市場を拡大する」という、グループ全体の強い意思と覚悟をもって取り組んでまいります。


新会社は、『日本国内の「旅の素材と商品」の提供を通じ、新たな価値と需要を創造し交流文化事業の完成に貢献する』ことをミッションと定め、地域の魅力・素材を掘り起こす「デスティネーション・マネージメント・カンパニー(DMC)」と連携した「新たな価値・より高い価値の商品」の企画・造成や、様々な販売ネットワークと連携した「お客様目線で選ばれ続ける価値のある商品」の企画・造成に努め、商品・サービスの高度化を目指します。
 また、交流人口そのものの拡大に向けた新たな仕掛けや取り組み、独自の商品・サービスの提供、更には今後、拡大する訪日インバウンド市場への素材・商品の開発など、JTBグループが目指す「交流文化事業の完成」「価値創造型旅行業への進化」に主体的に取り組み、日本国内の新しい旅のスタイルを提案し、観光立国や地域活性化にも寄与出来る会社への進化を目指します。
そのために必要なスキル・ノウハウ・情報といった知識の共有・活用を図り、更なる人財交流やプロフェッショナル人財の育成にも取り組みます。

※デスティネーション・マネージメント・カンパニー(DMC) 地域の知恵、専門性、資源を所有し、イベント・アクティビティー・輸送・運送計画のデザイン・提案に特化した、プロフェッショナルなサービスを提供する企業の総称


新会社の事業展開の詳細は以下のとおりです。

 <営業政策>
  ・販売拡大による仕入・商品企画・販売バリューチェーン全体での利益拡大
  ・事業の高度化と新領域への挑戦(※新領域:地域交流ビジネス・訪日インバウンド事業等)
・47DMCとの連携による地域交流事業の推進
・販売及び受・発の商品造成における販売各社との連携維持・強化

 <経営政策>
  ・迅速な意思決定とマネジメント強化を可能にする組織体制・人財基盤の確立(ミッション経営)
  ・徹底したマーケット志向及びお客様志向によるプロフェッショナル人財の育成
・中長期的な投資を可能とする強固な財務基盤の構築
  ・全国規模での重複業務の解消と経営効率改善(生産性向上と競争力向上)  

 仕入販売部門では、事業パートナー様とのWIN&WINの関係性を前提とした仕入MD機能(データ活用・データ分析、施設コンサルティング等)を更に強化し、新たな旅行需要創造による地域活性化の推進、買取・販売保証を含めた仕入スキームも拡充していきます。

商品企画部門では、エースJTB(募集型企画旅行)を主たる商品として、その旅行企画・実施を行い、価値創造型商品の充実、アプローチ付商品や観光素材の販売強化に努め、商品ブランドの確立による差別化を推進します。また、手配旅行やるるぶトラベルを含めた商品・チャネルの機能整理も進め、お客様視点での「選びやすさ」「わかりやすさ」を追求していきます。


≪新会社の概要≫
1.商  号:株式会社JTB国内旅行企画 (英文名:JTB Japan Travel Corp.)
2.登録番号:観光庁長官登録旅行業第1955号
3.本店所在地:東京都品川区東品川2-3-11 JTBビル
4.資本金:1,000百万円(+資本準備金 950百万円)
5.株主構成:株式会社ジェイティービー 100%出資
6.従業員数:約1,000名(2014年度期首想定要員)
7.主要事業所:札幌、仙台、さいたま、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡、那覇
8.運営開始:2014年4月1日
9.売上目標:2014年度3000億円

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング