ちいさな贈り物"プチカドー"新登場!ゆめかわ「プチカドーユニコーン」&小悪魔黒猫「プチカドーシャノワール」キュンが詰まったお菓子缶 11/1(金)より発売スタート。【フェアリーケーキフェア】

PR TIMES / 2019年10月29日 9時45分

さりげなく贈れる、ちょっと気の利いたプチギフトやお手土産選びに。

菓子研究家 いがらし ろみがプロデュースするカップケーキとビスケットのお店「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」では11/1(金)より、店内工房で焼き上げたビスケットとメレンゲを詰め合わせたお菓子缶『プチカドーユニコーン』『プチカドーシャノワール』を新発売。イラストレーター前田ひさえさんの大人可愛いデザインでコンパクトなお菓子缶は、ちょっとしたお礼やお返し、プチギフトを贈りたい日々の様々なシーンにぴったりです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-259276-11.jpg ]


フランス語で "ちいさな贈り物" という意味の「プチカドー」。
忘年会やクリスマスなど、贈り物が多くなるこれから季節。オーソドックスを大切にしながらキラリとセンスが光る、さりげなく渡せてしっかりと心が伝わる。そんな、ささやかな気持ちを添えて贈りたい「プチカドー」候補にぴったりな、見ても食べてもかわいいお菓子缶『プチカドーユニコーン』『プチカドーシャノワール』が新登場。


■お菓子はすべて店内工房で手作り。
 丁寧にさりげなく。ささやかなキモチを届ける "プチカドー" 登場。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-298476-12.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-939529-13.jpg ]


毎日一つ一つ手づくり、できたての美味しさをお届けするフェアリーケーキフェアでは、菓子研究家 いがらし ろみプロデュースのもと、手作りの良さに加え、よい材料を吟味することや手間暇を惜しまないお菓子づくりを行なっています。

このたび新登場の「プチカドーユニコーン」と「プチカドーシャノワール」も他のお菓子と同じく、素材の風味と味わいをシンプルに生かし、店内工房でパティシエが丁寧に手作りで焼き上げたコク深いビスケットと、華やかにフルーツが香る口どけの良いメレンゲ菓子を詰め合わせ。フェアリーケーキフェアらしさがギュッと詰まった、見ても食べても楽しいお菓子缶ができました。蓋を開けた瞬間、笑顔を誘います。

[画像4: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-439550-18.jpg ]


型のデザインにもこだわったチャーミングな「ユニコーン」「シャノワール」のビスケットには、発酵バターを贅沢にたっぷりと使用。小麦とバター、コクと風味が口いっぱいに広がり、どこかホッとする懐かしい味わいで、サクサクとした優しい食感が楽しめます。
可愛らしい華やかなメレンゲ菓子は、口溶けの良さと味わいにこだわり抜いた自慢のメレンゲ。いちごチョコレート味とカシス&オレンジ味で、それぞれビスケットと相性が良いフルーティな味わいを組み合わせ、爽やかなアクセントに。サクッの後にシュワッと溶けて、ふわっとフルーツが香る。美味しさの新発見をお楽しみください。


■ちょっぴりセンスを光らせたい “ちいさな贈り物” シーンに大活躍。
 ささやかなお礼やお返しをさりげなくチャーミングに演出します。


<久しぶりに会うお友達、お呼ばれホームパーティなど、少人数のお配りやお手土産に。>
<ちょっとしたお礼やお返しなど、ささやかな感謝の気持ちを伝えたいときに。>
<内祝い、結婚式や二次会、イベント等、プチギフトを贈りたい日々の様々なシーンに。>
<贈る側も、受け取る側も負担にならないギフト選びに。>
<サクッと買える「自分ご褒美」に。おうちのティータイムを彩るお茶菓子にもぴったりです。>
<普通のカワイイじゃ物足りないあのコや、ねこ好きなあのコに。>



[画像5: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-669655-14.jpg ]



■前田ひさえさんが描く、乙女心くすぐる大人可愛いイラストにも"キュン"
 贈って贈られてうれしい、見た目も楽しいお菓子缶。

[画像6: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-969844-23.jpg ]

パッケージには、甘すぎない女性らしさ、ほんのり懐かしい優しい世界を感じる作品で人気のイラストレーター・前田ひさえさんの書き下ろしイラスト。女子の"キュン"が詰まった、ゆめかわいい「ユニコーン」と小悪魔な黒猫「シャノワール」の2種類をご用意しました。コンパクトで持ち運びも便利。さっと渡せて贈った相手も持ち帰りやすいサイズ感です。食べ終わった後も小物入れや保存容器など長く楽しめるよう可愛らしいデザイン缶仕様となっています。さらに、心ときめくハッピーなモチーフはイラストのみならず。缶をふちどるクローバーの中にひとつだけ「しあわせの四つ葉」の仕掛けが。ぜひ探して見つけてください。


【商品概要】

[画像7: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-222128-24.jpg ]

○商品名 :プチカドーユニコーン
○税込価格:880円
○販売期間:11月1日(金) ~
○商品内容:発酵バターをたっぷりと使用したかわいいユニコーン柄の大きなビスケット2枚と、いちごチョコレートを刻んで作ったいちご味のメレンゲを詰め合わせ。
[画像8: https://prtimes.jp/i/14421/146/resize/d14421-146-191907-25.jpg ]

○商品名 :プチカドーシャノワール
○税込価格:880円
○販売期間:11月1日(金) ~
○商品内容:発酵バターをたっぷりと使用したダークなねこ柄のコク深いビターなカカオビスケット3枚と、煮詰めたカシスピューレとオレンジの皮をすりおろして混ぜ込んだメレンゲを詰め合わせ。


【お買い求めやすい東京駅グランスタ。11/1(金)よりオンラインショップ同時発売!】
東京駅構内にお店があるので、会社や旅行のへの行き帰り、待ち合わせ前など駅を降りずに手軽にサッとご購入いただけます。遠方の方はオンラインショップをぜひご利用ください。
オンラインショップURL: http://shop.fairycake.jp/


【プロフィール】
○菓子研究家 いがらし ろみ
Fairycake Fairプロデューサー。NHK、TV、雑誌などで活躍中。鎌倉のジャム専門店「Romi-unie confiture」、学芸大学の焼き菓子とジャムのお店「Maison romi-unie」オーナー。お菓子のおいしさ、楽しさをひろめる仕事は多岐にわたる。Fairycake Fairの全てのレシピを開発。

○イラストレーター 前田ひさえ
1978年生まれ。Fairycake Fair のパッケージイラストを手掛ける。主な仕事に「真夜中」(リトルモア)ほか雑誌挿絵、「愛の夢とか」(講談社/川上未映子著)ほか書籍装画等。個展・グ ループ展多数。クリエイティブ・ユニットkvina、テキスタイル・プロジェクトmemeのメンバーとしても活動している。


【店舗概要】
店舗名 : Fairycake Fair グランスタ店
所在地 : 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1(銀の鈴前)
電話 : 03-3211-0055
営業時間: OPEN (月~土)8:00~22:00 (日・祝日)8:00~21:00
HP : http://www.fairycake.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/fairycakefair
Instagram: https://www.instagram.com/fairycake_fair/


【会社概要】
会社名 : 有限会社コンテンポラリープランニングセンター
代表者 : 杉浦 幸
本社所在地: 東京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ605
URL : http://www.cpcenter.net/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング