1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東海理化の社用車管理DXサービス「Bqey」、キムラユニティーの車両リースサービスにパッケージ化され販売開始

PR TIMES / 2023年11月17日 19時40分



社用車 管理の課題を解決するDXサービス「Bqey(ビーキー)」を提供する株式会社東海理化(本社:愛知県丹羽郡大口町、代表取締役社長:二之夕 裕美、以下 東海理化)とトータルカーマネジメントサービスを提供するキムラユニティー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:成瀬 茂広、以下 キムラユニティー)は、キムラユニティーが提供する車両リースに、Bqeyをパッケージ化したサービスの提供を2023年10月から開始しましたのでお知らせします。

Bqeyとは?


 Bqeyは、社用車管理における様々な課題を解決するDXソリューションとして、『社用車に関する業務を一元管理する』ことができるクラウドサービスです。2022年4月にサービスを開始以来、200社を超える企業に採用され、社用車のDX化を実現しております。(Bqeyウェブサイト https://bqey.com/

パッケージ化決定の背景


 従来のスキームでは、リース車両にBqeyを導入する際、申し込み手続き、リース料・利用料の支払い、リース満了時の車両引揚げについて、契約窓口毎に対応する必要があり、お客様にとって業務負荷が重なるという声をいただいておりました。
 今回のリース車両へのBqeyパッケージ化では、リース車両とBqeyのお申込みから支払い、引揚時のフォローも全てリース契約に含むパッケージサービスとなるため、お客様の業務負担の軽減が見込まれます。
これまでも多くのリース車両をご利用のお客様にBqeyをご利用いただき、デジタルキーの促進やペーパーレスによる車両管理DXで社用車管理の課題解決が進んでまいりましたが、導入プロセスや契約管理の効率化、意思決定の迅速化などを望む声が多くあったことを踏まえ、今回のパッケージ化を実現する運びとなりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/88570/146/resize/d88570-146-2fd536d0e3bd55c2bf2a-2.png ]


 東海理化は、愛知県に本社を構え、「快適・安心・安全」をキーワードに車のスイッチや鍵、シートベルトなど、すべての車に欠かせないパーツを高品質で世の中に送り届けています。車と人の新たな関係を構築するための研究開発や製造だけでなく、近年ではデジタルキーなどのソフトウェアサービスの開発にも注力しています。

 キムラユニティーは、1881年に創業し、製箱業からスタートした名古屋の会社です。中でも1958年に車両整備事業から開始した自動車サービスは、車両リース、保険、メンテナンス管理、事故防止コンサルから車両管理一括管理を行うBPOまで、車に関わるあらゆるサービスを提供しています。

 今後も両社が培ってきた技術やノウハウと新しい技術を組み合わせる事で、車両管理を行う企業様の課題解決に向けた協業ソリューションの開発・提供を目指し、連携を進めてまいります。


【会社URL】
・キムラユニティー株式会社: https://www.kimura-unity.co.jp/
・株式会社東海理化:https://www.tokai-rika.co.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/88570/146/resize/d88570-146-bc1008c009ccd944220e-0.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/88570/146/resize/d88570-146-4018915dd4b16915d701-0.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください