新会社キヤノンITソリューションズフィリピンを設立 フィリピン国内におけるITビジネスの体制を構築

PR TIMES / 2012年12月25日 10時53分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、フィリピン国内におけるITビジネス体制の構築を目的に、フィリピン共和国にCanon IT Solutions (Philippines), Inc. (キヤノンITソリューションズフィリピン)を設立しました。


キヤノンMJグループは、5ヶ年計画『長期経営構想フェーズII』(2011年~2015年)において、“Beyond CANON, Beyond JAPAN”を旗印に掲げ、「グローバルに展開するサービス事業会社化」を重点戦略のひとつとして進めています。

今回の新会社設立はこの方針に基づくもので、8月のキヤノンITソリューションズタイランド設立に続く施策となります。近年、成長著しいフィリピン国内のIT市場において、特に日系企業の現地拠点におけるIT需要のさらなる拡大が見込まれることから、日本とフィリピンの双方から手厚いサービスを提供する体制を構築することで、現地に進出する日系企業に向けたITサービスビジネスの獲得を目的としています。

今後も、東南アジア圏におけるITビジネスを積極的に推進していきます。

■ 新会社の概要
1. 会社名  Canon IT Solutions (Philippines), Inc.
2. 所在地  フィリピン共和国
3. 代表者  原木裕(President)
4. 事業内容 現地に進出する日系企業に向けたITサービス事業
5. 資本金  20万USドル
6. 設立年月 2012年11月
7. 営業開始 2013年1月予定

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング