【FXに関するアンケート調査】FX取引を現在している人は4.4%。利用している金融機関の選定理由は「手数料が安い・無料」「スプレッドが狭い、固定」が上位

PR TIMES / 2014年7月22日 9時23分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『FX』に関するインターネット調査を2014年6月1日~5日に実施し、11,037件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19113/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■FX現在取引者は4.4%、利用経験は8.7%、認知率は79.9%
■FX現在取引者の主利用金融機関は「DMM.com証券」「SBI証券」が上位。選定理由は「手数料が安い・無料」「スプレッドが狭い、固定されている」が上位で、「システムが安定している」「取引ツール、取引画面の使い勝手がよい」が続く
───────────────────────────────────────────



◆FXの認知・利用経験
FXの利用経験者は8.7%で、現在取引をしている人は4.4%です。利用経験者は男性30・40代で多く2割弱、女性では5%以下となっています。認知率は、利用経験者に「取引したことはないが、内容を詳しく知っている」「取引したことはないが、名前は知っている」を合わせて79.9%です。男性の9割弱、女性の7割強となっています。


◆FX取引の時期、頻度
FXの利用経験者に、取引時期を聞いたところ、「1年超~3年以内」「3年超前」が各2割みられます。「1か月以内」「1年超前」が各4割です。男性の方が、直近の取引経験者が多い傾向です。頻度は「週1回以上」が6割弱です。男性30代では「週3~4回以上」が約半数みられます。


◆FXを利用している金融機関、選定理由
FX取引を現在している人に、主に利用している金融機関を聞いたところ、「DMM.com証券」「SBI証券」が上位にあがっています。「DMM.com証券」は、過去調査と比べ増加傾向がみられます。女性では「DMM.com証券」「SBI証券」がほぼ同率です。

FX取引をしている金融機関の選定理由は、「手数料が安い・無料」(58.0%)が最も多く、次いで「スプレッドが狭い、固定されている」(34.1%)、以下「システムが安定している」「取引ツール、取引画面の使い勝手がよい」が各2割で続きます。『DMM.com証券』主利用者では、「手数料が安い・無料」「スプレッドが狭い、固定されている」の比率が高くなっています。また、「スプレッドが狭い、固定されている」は男性で多い傾向です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング