あなたは抹茶派?桜派? 春めく気分を盛り上げる、祇園本店限定テイクアウトメニュー「春色そふと」3月8日より提供開始!

PR TIMES / 2019年3月11日 12時40分

えらべるソフトと和洋の食材で、香り華やぐ春の味わい。

株式会社祇園辻利(本社:京都市東山区)は、2019年3月8日より祇園本店で期間限定のテイクアウトメニュー「春色そふと」の提供を開始します。定番の抹茶ソフトの他、桜ソフト、抹茶と桜のミックスも選べる、楽しいひと品です。




祇園本店限定「春色そふと」



[画像1: https://prtimes.jp/i/11317/147/resize/d11317-147-557133-0.jpg ]

抹茶・桜・ミックス(抹茶と桜)の3通りからお好みで選べるソフトクリームに、
お花見気分を盛り上げる「三色だんご」や、やさしい甘さの「白あんホイップ」、「カスタードクリーム」、「いちごのジュレ」など、和洋の食材を組み合わせ、華やかな春色のひと品に仕上げました。

商品名:春色そふと
提供価格: 800円(税込)
販売期間 :2019年3月8日(金)~終了時期未定
※予告なく終了時期が変更となる場合があります。
提供店舗 :祇園辻利 祇園本店


公式SNS


[画像2: https://prtimes.jp/i/11317/147/resize/d11317-147-870464-1.jpg ]


宇治茶一筋、京都祇園にお店を構えて71年の「祇園辻利」と、良質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶スイーツをご提供して41年「茶寮都路里」の公式SNSです。
商品や最新メニュー、祇園の風景などをアップしていきます。たくさんのフォローやいいねをお待ちしています。

■Facebook
https://www.facebook.com/giontsujirisaryotsujiri/
■Instagram
https://www.instagram.com/giontsujirisaryotsujiri/

祇園辻利について


[画像3: https://prtimes.jp/i/11317/147/resize/d11317-147-987596-2.jpg ]

祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。


社名 株式会社祇園辻利
所在地 本社:京都市東山区小松町11-5
本店:京都市東山区祇園町南側573−3
代表者 代表取締役三好正晃
事業内容 宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト https://www.giontsujiri.co.jp
オンラインストア https://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。
予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング