1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AnyMind Group、Google社が主催する「GCPP Summit」において世界54社の中から2社のみに贈られる「The Innovation Award」を受賞

PR TIMES / 2021年11月25日 16時45分

2020年の「DEI Driver Award」受賞に続き、2年連続で表彰

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔、以下「当社」)は、Google社が毎年開催している「GCPP Summit」において、2021年のグローバルにおける「The Innovation Award」を受賞したことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/18392/147/resize/d18392-147-caf3d9ddff50fd56362b-2.jpg ]


「The Innovation Award」は、厳しい審査の上、Google Certified Publishing Partner(GCPP|サイト運営者向けGoogle認定パートナー)に選ばれた世界54社(※2021年11月時点)を対象としており、その中から年間数社のみが表彰されるアワードです。主な評価基準としては2021年にローンチしたサービス・プロダクトを中心に、パブリッシャーをより良くサポートするための新機能や、エコシステムをより効果的に改善するための新ツール、あるいはマネタイズ以外の革新的なサービスなどを提供したかどうかがポイントとなります。

本年度の「The Innovation Award」では当社の提供するWebメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォーム「AnyManager」における、アプリ分析、WebStoriesの構築、SNS分析などの新機能をはじめとする、パブリッシャー向けの機能・サービス提供による新たな価値貢献及び成長支援実績が高く評価され、受賞に至りました。


<Managing Director of Publisher Growth 丸山 仁のコメント>
これまで当社パブリッシャーグロース事業部はWeb PublisherやApp Developerの皆様の収益最大化に向けた様々なソリューションを提供してきましたが、2021年はさらにその提供価値拡大に努め、収益化のみに止まらない新たな機能拡充を進めてまいりました。今後も当社はパートナーの皆様のお力も借りながら、業界におけるゲームチェンジャーとなれるよう進化を続けてまいります。
この度の受賞を喜ばしく思うとともに、これまで当社と共に成長を実現してきた世界中のパブリッシャーの皆様に改めて、感謝申し上げたいと思います。



GCPP(Google Certified Publishing Partner|サイト運営社向けGoogle認定パートナー)

サイト運営者向けGoogle認定パートナーとは、サイト・アプリ運営者向けのGoogleの認定代理店制度(Google Certified Publishing Partner:通称GCPP)です。認定パートナーは、Googleが持つ様々なパブリッシャー/ディベロッパー向けのプロダクトを総合的かつ戦略的に提案し、長期的な事業成長に努めます。Google AdSense、Google Ad Exchange、Google Analytics、Firebase、AdMob等のGoogleソリューションを提案し、技術サポート、A/Bテストの実施、データ分析、収益の最大化といったサポートを行っています。世界54社がパートナーに認定されており、日本においては当社の他に株式会社 fluct、株式会社アイモバイル、株式会社ジーニーがGCPP認定を受けています。



『GCPP Summit2021』とは

各国のGCPP(Google Certified Publishing Partner|サイト運営者向けGoogle認定パートナー)が年に一度、一同に会し、Googleからプロダクトアップデートが発表されるとともに、GoogleとGCPP各社間でWebメディアやアプリなどのパブリッシャー支援についてディスカッションを行うイベントです。これまでGoogle社のニューヨーク本社において実施されていましたが、現在はバーチャル開催となっております。


■AnyManagerについて

[画像2: https://prtimes.jp/i/18392/147/resize/d18392-147-808331e2b4b123f5ac63-0.png ]

AnyManager(エニーマネージャー)は、Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォームです。広告収益やサイト分析、キーワード分析を行う「Analytics」、メディアやECの表示スピードを高速化し、アプリのようなサクサク感を提供する「Speed」、Push通知やアプリ内メッセージを実現、コミュニケーションを活性化させる「Engage」、ワンタグで広告収益を最大化させる「Monetize」、AMPやWeb Storiesなどを簡単に実装できる「Build」の5つのサービスを提供しています。現在、AnyManagerは約70社のデマンドパートナーと連携して、収益化支援の機会提供を行っており、アジア全域の1,100社以上のパブリッシャーが運営する1,600を超えるWebサイト及び1,100以上のモバイルアプリで利用されています。(2021年10月末時点)
URL: https://anymanager.io/ja/


【AnyMind Groupについて】

[画像3: https://prtimes.jp/i/18392/147/resize/d18392-147-b40b372bf8d17a513ea8-1.png ]

2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサー・クリエイターなどの個人、メディア・ブランド企業向けに、生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するソフトウェアとサービスを世界13市場17拠点で提供するテクノロジーカンパニーです。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。
URL: https://anymindgroup.com/ja/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください