デルタ航空、ボビー・バレンタイン氏による東北支援プロジェクトをサポート

PR TIMES / 2014年7月30日 15時13分

総勢70名以上の日米野球少年たちが岩手県・大船渡でキャンプと交流試合のオフィシャルエアラインに



デルタ航空は、8月1日から9日にかけて岩手県大船渡で行われる日米野球交流プロジェクト「ボビー V 絆 ベースボールキャンプ」をオフィシャルエアラインとして支援します。

「ボビー V 絆 ベースボールキャンプ」は、ニューヨーク日系人会 (JAANY)と公益社団法人絆ファウンデーションの共催、およびデルタ航空を含む多数の企業の協賛により実施される日米少年野球交流プロジェクトです。

同プロジェクトは、元メジャーリーガー、元千葉ロッテ・マリーンズ監督のボビー・バレンタイン氏の「3年前の震災で被災された方々に対して、アメリカ国民はまだ忘れていないというメッセージを伝えたい」という強い意思をうけて実現したもので、津波で大きな被害を受けた地域のひとつ、岩手県大船渡市にて、ボビー・バレンタインスポーツアカデミーを含めたアメリカの中学生と、福島、宮城、岩手のチームが親善試合を行います。ボビーV絆ベースボールキャンプは、東北地方の人々へのサポートと国境を越えた友情を築くことを目指しています。

実施概要は次の通りです。

参加者:
ボビー・バレンタイン元監督、アメリカ・日本の中学生

イベント内容:
―トレーニングキャンプ 4日間
―日米混合チーム・福島県チーム・宮城県チームによるトーナメント 2日間
―専門的なトレーニングプログラム
―東日本大震災による大きな被害を受けた3県の被災者との交流を通じたさまざまな機会をもつ
―異文化交流と地元イベントへの参加:七夕祭りやボランティア活動など
―東北楽天ゴールデンイーグルスの試合観戦、球場見学、選手との面会

日程:
2014年7月31日から8月10日(東北滞在は8月1日から9日まで)

場所:
東北地域:岩手県大船渡市、宮城県仙台市

目的:
1.東北の被災者の方々へ、彼らは忘れ去られていないというメッセージを送る
2.両国の若者に国際交流の場を設け、日米の友好関係を深める
3.地元の若者たちの野球への情熱・技術向上のための専門的なトレーニングキャンプを行う
4.日米の参加者全員で交流を楽しむ

共催:
ニューヨーク日系人会 (JAANY)、公益社団法人絆ファウンデーション

支援企業・団体(順不同):
デルタ航空、三菱UFJフィナンシャル・グループ、フォーシーズンズホテル、トヨタ自動車、三菱自動車、日立製作所、トモダチ・イニシアチブ、楽天ゴールデンイーグルス野球団、ブリッジウォーターアソシエイツ、LEXCO Wealth Management, Inc.、Memento Mori Carpe Diem 等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング