1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<婚活とお金事情に関する実態調査>気になるお相手のお金事情、結婚パートナーを探している男女の約9割が聞きづらいと感じていることが判明!

PR TIMES / 2023年12月8日 13時40分

婚活経験者が、結婚前にもっと話しておくべきだったと後悔した1位は「お金について」 ~お金やライフプランについて話せている家庭の約7割が、夫婦仲が良く幸福度も高い結果に~

 松井証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和里田 聰)は、全国の20~40代の婚活中の男女300名(以下、婚活者)と、婚活を経て結婚をした男女300名(以下、婚活経験者)・合計600名を対象に、<婚活とお金事情に関する実態調査>をインターネット調査にて実施しました。
※本調査結果や分析をご掲載の際は『松井証券株式会社調べ』と明記ください。



[表1: https://prtimes.jp/data/corp/19241/table/148_1_e8e946f3cfdf3773e1124770fd12c93f.jpg ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/19241/table/148_2_5921e22d794776ba244356a263939c85.jpg ]


【婚活者の本音1.】結婚相手を選ぶ際に重視するポイントの上位にランクインする「年収」。
しかし、交際前に聞きづらい項目もお金事情に!?


 結婚相手を探す際、最初に重視する条件の上位は、「顔」「年齢」「年収」の順に。一方で、交際前にお金事情は聞きづらいと感じている人が約9割に上ることが明らかに。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19241/148/resize/d19241-148-411c51fbbcdfb61160f3-0.jpg ]


 『結婚相手探しの方法』は(婚活者 N=300)、「マッチングアプリ・サイト(74.0%)」、「友人・知人の紹介(37.0%)」、「婚活パーティー・イベント・街コン(29.7%)」が上位となった。
 『結婚相手を探す際、最初に重視する条件』は、「顔(78.7%)」、「年齢(78.0%)」、「年収(59.0%)」に票が集まる一方で、「お金のことは聞きたくても交際前は聞きづらい」との回答が90.4%(男性88.7%、女性92.0%)、「投資額や貯蓄額は年収よりも聞きづらい・知るきっかけがない」は85.7%に上った。
 また、『交際前のデートで実際によく話す内容』を尋ねたところ、「趣味(77.7%)」、「仕事(53.0%)」、「性格(38.0%)」と続き、「お金(11.7%)」は最下位であることからも、お相手のお金事情は気になるものの、聞き出すハードルは高いことが伺える結果となった。

【婚活者の本音2.】知りたいお金事情は、お相手の年収よりもお金の価値観!?


 お相手のお金事情について、気になる項目のトップは「お金の使い方の価値観」。男性に比べ、女性の方が「年収」を気にする傾向にあることも明らかに。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19241/148/resize/d19241-148-0533a5cf64ca4de7eaaf-0.jpg ]

 続いて、『結婚相手を探す際、お相手のお金事情について気になるもの』を尋ねたところ、「年収(63.0%)」をおさえ、「お金の使い方の価値観(69.3%)」が最も多い結果に。男女別では、男性は「お金の使い方の価値観(66.0%)」、女性は「年収(78.7%)」と最多得票が分かれ、男女ポイント差が最も開いた項目は「年収(男性47.3%、女性78.7%)」であることが分かった。

【婚活経験者からの提唱】「お金」と「ライフプラン」は結婚前に話しておけばよかった項目でトップ1・2に。結婚相手のお金事情、交際前に話したのはわずか6%!?


 『結婚相手の決め手』は、性格、顔に次いで「お金の価値観」と判明。ただし、お金事情については結婚を決めた婚約後以降に話した人が多いことが明らかに。約半数は、交際開始後にお金についてギャップを感じた経験あり。

[画像3: https://prtimes.jp/i/19241/148/resize/d19241-148-3257c888ec67b0f4a86c-0.jpg ]


 『結婚相手の決め手』を尋ねたところ(婚活経験者 N=300)、「性格・考え方が魅力的(78.3%)」、「顔・見た目が好み(70.0%)」、「お金に関する価値観が合う(68.7%)」となった。
 『お相手のお金事情について話し合ったタイミング』を尋ねたところ、『婚約後・結婚後』が43.7%、『交際中』が41.0%、『交際前』がわずか6.0%であることが判明。相手選びで重要な要素であるにも関わらず、お金事情については結婚を決めた婚約後に話した人が多いことが明らかになった。

[画像4: https://prtimes.jp/i/19241/148/resize/d19241-148-3c2505c851d4bfd19468-0.jpg ]


 続いて、『結婚前にもっと話しておけばよかったと思うこと』を尋ねたところ、「お金について(35.0%)」が最も多く、「ライフプランについて(子ども有無など)(30.3%)」、「家事について(25.7%)」が続く結果に。また、48.0%が「交際開始後にお金についてギャップを感じたことがある」と回答し、その内容は「計画的に資産形成できていない(47.9%)」、「マネーリテラシーが低い(25.0%)」、「年収は高いが金遣いが荒い(16.7%)」と、お金事情に関するお相手との意識の違いや後悔が伺える結果となった。

お金事情の話し合いが夫婦円満の秘訣!?


 お金やライフプランについて話せている家庭の約7割が、「夫婦仲が良い」と回答。「幸福度」や「将来への期待感」も、話せていない家庭と比べて40ポイント以上の差をつける結果に。

[画像5: https://prtimes.jp/i/19241/148/resize/d19241-148-f3d58275851ce4abc447-0.jpg ]


 『ライフプランやお金のことについて、結婚相手と話せているか』を尋ねたところ、51.4%が「話せている」と回答。次いで、『夫婦仲の良さ』について尋ねると、話せている家庭は68.4%、話せていない家庭は26.4%が「夫婦仲が良い」と回答し、ライフプランやお金のことについて話せている家庭の方が夫婦仲が良く、その差は42.0ポイント差となることが明らかになった。
 また、「人生の幸福度」や「将来への期待感」についても、話せている家庭の方がポイント数が高く、その差はともに45.1ポイント差に広がる結果となった。

■大切な人と話すための、ライフプランシュミレーションは松井証券で!
 今回の調査では婚活中・婚活を経て結婚をした人たち、それぞれの視点でお金事情などについて調査をしました。マッチングアプリや街コンなど出会うためのツールが多様化している中で、お金に関する内容への関心は高く、パートナー選びの価値観にも紐づいていることがわかりました。

 婚活中の方々は、交際前にお金事情について聞きづらいと感じている人が非常に多く、かつ、将来のパートナーとの「お金」や「価値観」についてしっかりと、話しておきたいポイントであることが分かりました。婚活経験者においては、しっかりとライフプランについてパートナーと話すことで「仲の良さ」「幸福度」に繋がることが分かりました。

 当社では、スマートフォンから誰でも簡単にライフプランシミュレーションが出来る無料ツール“松井FP”を提供しています。これまで資産形成を始めるきっかけがなかった方も、まずは”松井FP”で、将来必要になるお金のシミュレーションから始めて、大切な方とライフプランを話すための土台作りを始めてみてはいかがでしょうか。
▼ライフプランシミュレーションツール『松井FP ~将来シミュレーター~』
https://matsui-lifeplan.milize.com/

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/19241/table/148_3_cee73e1921188ca0114e817001def0c5.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください