【報道参考資料】南スーダン紛争と周辺危機 紛争で国内外へ避難した人は86万人以上

PR TIMES / 2014年2月18日 15時40分

親とはぐれた子どもは約900名/日本人スタッフ活動中

 


※本信は、ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳・編集したものです
※原文をご入用の際は、日本ユニセフ協会 広報室(後述)にお問い合わせください
(原文:南スーダン情勢レポート(2/11)、南スーダン周辺地域レポート(2/14))


■数字で見る概況
・国内避難民 73万8,000人(12月15日以降/OCHA2014年2月6日発表)
・避難民のうち18歳未満の推定値 39万4,644人
・避難民のうち、国内の国連施設に避難している人 7万5,000人
・国外へ避難した人 13万400人(ウガンダ6万2,000人、エチオピア2万9,000人、スーダン
 2万3,500人、ケニア1万4,100人など/ OCHA2014年2月6日発表)
・参考情報:南スーダンの人口 1,083万人
(2012年、ユニセフ『世界子供白書2014統計版』)

■状況
・ユニセフは、2月5日、南スーダン危機を「ユニセフ最優先緊急事態」と認定し、
 リソースを最優先に投入
(同レベルの危機は、シリア危機と中央アフリカ危機)
・1月23日の停戦協定締結後、主要都市の一部は情勢が幾分落ち着き、他の地域への
 アクセスも改善
・しかし、ジョングレイ州やレイク州、ユニティ州、上ナイル州の郊外では散発的な
 衝突が報告されており、安定的に人道支援を行うのは厳しい状況
・ユニセフは、ベンティウ、マラカル、ミンカマン、ボルで子どもの保護、水と衛生、
 栄養分野の支援を拡大
・国連施設外に避難している人は、地域が受け入れているが軋轢も生まれている
・一部地域での調査によると紛争前は1世帯人数が5~7人だったが、現在は15~37人に


<子どもの保護>
・3,644人が何らかの保護のサービスを受けている
・親とはぐれた子ども(子どものみ:親を伴っていない子ども) 計899人
 ジュバ245人(11名再会)、アウェイル271人、マラカル50人、ベンティウ27人、
 ワラブ州74人、ニムレ(Nimule:ウガンダとの国境近く、東エクアトリア州の町)
 232人
・行方不明の子ども(親が子どもを捜しているケース) 計216人
 ジュバ189人(20名再会)、ベンティウ27人


※日本人スタッフが子どもの保護専門官として活動しています。取材希望の際には、
広報室にお問い合わせください。


<保健>
・過度な人口密集と栄養不良、はしか予防接種率の低さにより、はしかが発生
・12/22~2/2の間に548件の感染を確認、うち81名が死亡(死亡率14%)、感染の
 半数は子ども
・6カ月~15歳未満の子ども11万8,452人にはしかの予防接種を実施
・経口コレラワクチンの導入に向けて調査を実施中
・6カ月~15歳未満の子ども1万7,308人に高カロリービスケットを配布
・調査の結果791人が重度急性栄養不良にあることが判明し、治療中

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング