1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リモートワーク活性化の仮想オフィス(バーチャルオフィス)ツール『Remorks』が経産省「IT導入補助金2021」対象ツールに認定されました。

PR TIMES / 2021年8月25日 12時15分

「PLACOLE & DRESSY|プラコレ&ドレシー」を運営する、 冒険社プラコレ(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:武藤功樹)は、 経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2021」において、IT導入支援事業者に採択されたことを報告させていただきます。



この度、リモートワーク活性化の仮想オフィス(バーチャルオフィス)ツール『Remorks』が経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2021」において、IT導入支援事業者に採択されました。 また、あわせて当社の提供する「Remorks」が「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定されたことで、 一定の条件を満たした対象事業者はRemorksの導入にかかる費用の1/2まで(最大150万円)を 補助金として受けとることが可能となります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/21126/149/resize/d21126-149-d639f9a1102c50024a7d-0.png ]




IT導入補助金2021とは

IT導入補助金とは、中小企業/小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を 導入する経費の一部を補助することで、業務効率化/売上アップをサポートする経済産業省の制度です。 詳しくは下記ホームページをご覧ください。
「IT導入補助金2021」: https://www.it-hojo.jp/

[表: https://prtimes.jp/data/corp/21126/table/149_1_63b84e853306790211ede3dc0b029542.jpg ]



ご興味のある事業者様はお気軽にお問い合わせください。
【Remorks連絡先】remorks@pla-cole.co



IT導入補助金 導入支援事業者への申請背景


IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大により多くの企業がリモートワークを推奨し、リモートワークを導入する企業が増えている中、「出退勤の管理が大変」「サボっているのではないか?」「評価はどうされるのか?」「孤独感を感じる」など、社内のコミュニケーション不足や業務の評価を不安視する声は大きく、リモートワークの促進が進む一方で 多くの課題が存在するのが現状です。冒険社プラコレはIT導入補助金を活用して仮想オフィス(バーチャルオフィス)ツール『Remorks』導入を推進することで、より多くの人がリモートワークならではの課題を解消し、企業の業務効率化をサポートしてまいります。



Remorksとは

仮想オフィス(バーチャルオフィス)ツール『Remorks』β版は、離れて働く人々にまるで実際のオフィスにいるような体験を提供し、社内のコミュニケーションを促進。世界中どんな場所からも出勤でき、誰がどこにいてもみんなを見渡せるwebツール。『Remorks (リモークス) 』β版は、リモートワークならではの不安の声を解消し、さらに業務環境を充実させる機能を取り入れました。具体的には、勤怠管理機能や社内コミュニケーションの活性化促進機能、社員の位置情報や社員のマイページ機能、仲間とすぐ隣で働いてるような感覚で会話・雑談ができる音声会話機能を取り入れることで、リモート世代の現代人にまるで本当のオフィスのように、人と人が繋がることの出来るサービスを提案致します。

▪Remorks (リモークス)
https://remorks.com/
▪IOSアプリ
https://apple.co/3b8H6m9


3ステップで簡単にweb空間にオフィスを開設できます!

『Remorks』β版はオフィスの開設がとっても簡単!新規登録画面でオフィスIDやメールアドレス/名前/パスワードを入力して登録していただくとオフィスの開設が完了します。オフィスにログインできたら、 一緒に働くメンバーを招待し、メンバーを増やすことが可能です。オフィスルームはメインと共に、店舗名・チーム名・プロジェクト名などを登録いただけます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/21126/149/resize/d21126-149-5025517c4bddf5e30db9-1.png ]



PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー とは

冒険社プラコレは2015年11月2日に会社設立し、2015年12月より「PLACOLE WEDDING」をスタート、ブライダル業界で初めて「チャットサービス」を開始し、現在では全国でサービスを展開。従来の結婚式場を検索するサービスとは一線を画し、プランナーさんとweb上でつながる「webチャットプラットフォーム」として、SNSや口コミを中心に広まり、2021年7月現在では、会員登録数が12万組を突破しました。
具体的には、カップルは式場検索ではなく、ウェディング診断からスタート。その診断結果をAIが分析し情報を配信、それに対するカップルの反応やアクションを学習し、最適化な情報を再配信します。また、AIでは解決できないお悩みは、全国在住のご当地アドバイザーや、2000名を超える結婚式場に所属をするウェディングプランナーに、直接チャットで質問や相談をすることが可能です。

チャットひとつで全ての悩みが解決できる「PLACOLE WEDDING」には、ご利用者様の50%が他媒体を利用せずPLACOLEWEDDINGのみ利用、また、NPS調査でも70%以上のユーザーが友人に勧めたいと回答いただきました。運営側が驚くほど、毎日たくさんの"ありがとう"の声を頂けるサービスになりました。
2021年7月現在、月間4000組以上のカップルが新規会員登録、合計2000名以上のウェディングプランナーが登録し、導入会場数は1120会場を越え、ブライダル業界初のチャットコミュニケーションメディアとして、独自の立ち位置を確立しています。公式運営するFacebook、Twitter、Instagramでは合計フォロワー数は51.08万人をを超えました。自社メディア『DRESSY』や『美花嫁図鑑farny』なども運営し、合計PV数は月間250万PVを突破! 高級ウェディングドレスが最大90%OFFで購入できる通販サイト"DRESSYONLINE"も展開しています。上記のサービスや、その他、結婚式にまつわる情報やサービスをまとめた花嫁アプリ「PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー」は2021年7月時点で累計20万ダウンロードを突破しました。

また、「時間と場所の自由」を推進するべく2021年5月「Remorks(リモークス)」のサービスをスタート。新しい働き方として、『Remorks(リモークス)でつながり、全国どこでも働ける場所の自由を提案し、在宅やオフィス、様々な場所で働くハイブリッドワーク』を推進しています。

【プラコレ会社概要】
社名:冒険社プラコレ
URL: https://pla-cole.co/
所在地:神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目3-2
設立:2015年11月2日
代表取締役CEO:武藤功樹
事業内容:PLACOLE&DRESSYの運営、EC事業、SNS運営

冒険社プラコレでは「働く場所の自由化」をテーマに、『オンラインで繋がりながら、オフラインでは自由な場所で働く』という働き方の多様性を追求。「webが本社」として、社員全員がPCを1つ所有し、北海道から沖縄まで 日本中様々なエリアで、どんな場所でも働くことができる会社です。 また、2021年1月には、鎌倉由比ヶ浜に「リゾートオフィス」2月は横浜に「撮影スタジオ 兼 オフィス」を開設、都内では六本木、恵比寿、青山など様々なエリアにて「コアワーキングスペース」を利用し、自宅で働くだけではなく、それぞれが好きな場所で「時間と空間にとらわれない」働く環境づくりに取り組んでおります。

【運営サービス】
◎PLACOLE WEDDING
https://pla-cole.wedding/
◎DRESSY byプラコレ
https://dressy.pla-cole.wedding/
◎美花嫁図鑑 farny
https://www.farny.jp/
◎DRESSY ONLINE
https://weddingdress.pla-cole.wedding/
◎PLACOLE & DRESSY │プラコレ& ドレシー
IOS: https://apple.co/36TUIy0
Android: https://bit.ly/3gaeN6t
◎Remorks(リモークス)
https://remorks.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング