壁の前に置くだけで最大130インチの大画面映像が楽しめる4K※1超短焦点ホームプロジェクターなど新商品計3機種4モデル発売

PR TIMES / 2019年10月2日 13時10分

※1:4K信号を入力し、4Kエンハンスメントテクノロジーによる4K相当の高画質で表示

 エプソンは、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」の新商品として、『EH-LS500B』『EH-LS500W』『EH-TW7100』『EH-TW7000』を2019年11月14日(木)より順次発売します。



 
[画像1: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-997813-1.png ]

 『EH-LS500B』『EH-LS500W』は、壁の前に置くだけで最大130インチの4K※1映像が楽しめるレーザー光源採用の超短焦点プロジェクターです。通常のプロジェクターに比べ、非常に短い距離から大画面投写が可能なため、設置スペースの確保が難しいお客様にもお使いいただけます。またテレビのようにテレビボードに置いて使用することができるため、画面に近づいても映像に影を落としません。さらにBlu-ray Disc™ プレーヤーなど映像再生機器との接続の配線もすっきりさせることができます。インテリアに調和したスタイリッシュなデザインで、ブラックとホワイトの2色の本体をご用意。同梱のエプソン製のAndroid TV™端末※2は本体内に格納し、なおかつ2つの10Wスピーカーを内蔵しているため、プロジェクター一台で、Wi-Fi(R)環境があれば家中どこでも、有料・無料の動画配信サービスを臨場感あふれる大画面で楽しむことができます。
 『EH-TW7100』は10Wスピーカー2つを内蔵し、コントラスト比10万:1、『EH-TW7000』はスピーカー非搭載、コントラスト比4万:1のお求めやすい価格を実現したモデルです。ともに3000lmの明るさで、リビングで手軽に4K※1高画質大画面を楽しむことができます。Bluetooth(R)対応のオーディオ機器との簡単接続や、ゲームなどの動きの速いコンテンツに対応した設定など便利な機能を搭載しています。 
 新商品すべてにおいて、エプソンの4Kエンハンスメントテクノロジーと画像処理機能により、高精細でありながら自然な4K相当の高画質を実現しました。HDRにも対応し、UHD Blu-ray Disc™の規格「HDR10」や、4K放送の規格「HLG」のいずれも、16段階で調整ができるため、コンテンツや視聴環境に適した画質が楽しめます。またすべてのHDMI(R)端子がHDCP2.2に対応し4K放送の映像も楽しめます。

<『EH-LS500B』『EH-LS500W』の主な特長>
■壁の前に置くだけで大画面映像
 「dreamioシリーズ」で初めてレーザー光源を採用した超短焦点プロジェクターです。投写面からレンズまでの距離約50cmで80インチの大画面投写を実現。壁の前に置くだけで65インチから最大130インチまで投写が可能でテレビの代わりとしても簡単に設置できます。これまで「設置が難しい」「配線が煩わしい」などで導入をためらわれていたお客様にもお使いいただける商品です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-628622-5.png ]

■インテリアになじむスタイリッシュなデザイン
 家具のように生活空間になじむシンプルでスタイリッシュなデザインに仕上げました。インテリアのテイストに合わせて選べるようブラックとホワイトの2色の本体をご用意。インテリアに溶け込み、使わないときはすっきりとした空間をつくれます。

■Android TV™端末※2同梱で配信動画を簡単に投写   
 エプソン製のAndroid TV™端末※2を本体に同梱しているため、Wi-Fi(R)環境があれば家中どこでも、有料・無料の動画配信サービスを利用できます。Googleアシスタントを利用した音声検索や、Chromecast built-inによりスマホ画面を無線で簡単にプロジェクターから投写できます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-142337-3.png ]


■超短焦点プロジェクター用スクリーン
 より鮮明な映像を楽しみにしたい方、より高画質をお求めの方に、100インチの超短焦点用スクリーン、dnp denmark製「dnp Supernova™ STS」をご用意しました。超短焦点プロジェクター専用に開発されたこのスクリーンは、環境光の影響をできるだけ少なくし、特定方向の入射光を効率的に反射する特性を持っているため、明るい空間でも高コントラストで鮮明な高画質映像を実現します。

<『EH-TW7100』『EH-TW7000』の主な特長>
 従来機種「EH-TW6700」はスクリーン解像度がフルHDでしたが、『EH-TW7100』『EH-TW7000』は4K※1に対応しました。また『EH-TW7100』はコントラスト比が従来機種の7万:1から10万:1へ上がり、ハイクオリティモデルにも匹敵する高画質を実現しました。また『EH-TW7000』はスピーカー非搭載モデルで、コントラスト比4万:1、お求めやすい価格を実現しました。

■Bluetooth(R)に対応
 スピーカーやヘッドホンなどに音声信号を簡単にワイヤレス接続してお楽しみいただけます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-707681-0.png ]

■設置の自由度
 画質劣化の少ない光学シフトを搭載し、上下60%、左右24%という広い可動範囲を実現。6畳間程のスペースでも80インチや100インチの大画面投写が可能です。また1.6倍ズームレンズの搭載により、100インチに投写の場合、前後方向に約1.8mの幅で設置場所を移動できるためプロジェクターの設置位置の自由度が広がります。

<目標販売台数について>
 新商品を含めたホームプロジェクター全体の販売台数は、今後1年間で15,000台を予定しています。

<主な仕様、価格、発売日について>

[画像5: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-635415-4.jpg ]

*上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予定価格(2019年10月2日現在)であり、各販売店の販売価格を指示・拘束するものではありません。 各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

超短焦点プロジェクター用スクリーン dnp denmark製「dnp Supernova™ STS」

[画像6: https://prtimes.jp/i/33845/149/resize/d33845-149-710679-2.jpg ]

本リリース上の他者商標の帰属先は、以下エプソンのホームページをご確認ください。
www.epson.jp/trademark/

※1:4K信号を入力し、4Kエンハンスメントテクノロジーによる4K相当の高画質で表示します。
※2:Android TV™のご利用にはインターネット回線、Wi-Fi(R)接続環境が必要です。


<使用上の注意事項>
 弊社が製造・販売しておりますプロジェクターの一部において、空気中に漂う油煙が多い環境に天吊り設置されたプロジェクターの外装ケースおよび金具固定部に油が付着すると、金具固定部のプラスチックが化学反応で劣化・破損して、天吊金具や壁掛け金具からプロジェクターが落下するおそれがあることが判明しました。
 現在、天吊り設置・壁掛け設置・ボードスタンド設置でエプソンプロジェクターをご使用されているお客様におかれましては、大変お手数をお掛けいたしますが、設置環境や状態をご確認の上、少しでもご心配・ご不安な点がある場合は、「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」までご連絡ください。詳細は、epson.jp/tenken/をご覧ください。

「エプソン プロジェクター特別対応受付専用窓口」
■電話番号:0120-411-636
※上記番号をご利用いただけない場合は、042-511-2974 をご利用ください。
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:30(祝日・弊社指定休日を除く)
※電話のかけ間違いが増えておりますので、番号をよくお確かめの上おかけください。
※プロジェクターの型番を本体、取扱説明書、保証書等で事前にご確認の上、ご連絡ください。
■インターネットでのお申込み:epson.jp/tenken/
ページ内の「インターネットで申し込む」ボタンよりお申込みください。


以上 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング