劇場版アニメーション・シリーズ第24作『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』いよいよ7月7日(土)より元気100倍ロードショー!

PR TIMES / 2012年7月2日 15時12分



株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹、以下トムス)は、日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区 代表取締役所社長執行役員:大久保 好男、以下日本テレビ)、株式会社バップ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:伊藤 和明、以下バップ)、株式会社フレーベル館(本社:東京都文京区 代表取締役社長:武藤 英夫、以下フレーベル館)、有限会社やなせスタジオ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:柳瀬 崇、以下やなせスタジオ)とともに、共同出資による製作委員会方式にて劇場版アニメーション・シリーズ第24作『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』(同時上映作品:『リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル』)を製作、7月7日(土)より、“元気100倍”夏休み全国ロードショー公開いたします。

劇場版アニメーション・シリーズとして24作目となる本作のテーマは復興です。原作のやなせたかし先生の、子供たちの心を元気づけるお手伝いをしたいという思いが込められた作品です。お話は、南の海にあるバナナ島が舞台。 
元気いっぱいの女王・バンナと、バナナマンたちが住んでいます。ある日、原因不明の寒さのために、島のバナナがすべて枯れてしまい、変わり果てたバナナ島を元通りにするため、アンパンマン、バンナたちは力を合わせます。ばいきんまんのいつも以上の大活躍が早くも話題になっています。“元気”を出して前向きに進んでいくアンパンマンたちの姿を通して、どんな困難があってもあきらめずにがんばることの大切さ、仲間と力を合わせることの素晴らしさを描きます。

また、同時上映作品『リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル』は、一生懸命ダンスの練習をする双子のカバの女の子、シドロとモドロと手遊びしたり、リズムに合わせて踊ったり、一緒に歌とダンスが楽しめる作品です。

声の出演は、TVシリーズでお馴染みの顔ぶれと共に、バナナ島の女王バンナ役に、昨年お母さんになったばかりの女優・木村佳乃、今回の物語に欠かせない“バナナマン”のスッテンとコロリン役には、その名のとおり“バナナマン”の設楽統と日村勇紀。さらに同時上映作品では、双子のカバの女の子・シドロ&モドロ役を「アンパンマンのマーチ」を歌う双子デュオのドリーミングが演じます。

スタッフは、『それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島』を監督・矢野博之、脚本・金春智子、『リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル』を監督・篠原俊哉、脚本・米村正二でお送りします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング