7月1日現在の就職活動状況 ~2015年度 日経就職ナビ 学生モニター調査結果(2014年7月発行)~

PR TIMES / 2014年7月23日 18時19分

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2015年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、7月1日時点の就職活動状況に関する学生調査を行いました(調査時期:2014年7月1日~7日、回答数:1,248人)。



【調査内容】

1. 7月1日現在の内定状況
●内定率は79.3%。前年同時期(76.0%)より3.3 ポイント上昇

2. 7月1日現在の活動状況と選考試験の受験社数
●全体的な活動量は前年と同水準。「エントリー」89.6 社、「企業単独セミナー」24.4 社

3. 就職活動継続者の状況
●新たな企業を探す手段は、「就職情報サイト」88.7%、「大学の求人票」38.2%

4. 就職活動継続者が活動の中心としている企業規模
●現時点で活動の中心は、「規模にこだわらずに活動」が62.5%

5. 就職決定企業の規模
●従業員1000 人以上の大手企業への就職が65.6%

6. 就職決定企業の業界
●文系は「銀行」「情報処理」「保険」。理系は「情報処理」「電子・電機」「医薬品」

7. 就職決定企業へのエントリー時期
●「12 月」が57.4%と、集中度が上昇。「1月」には7 割超え

8. 就職決定企業を知ったきっかけ
●「就職情報サイト」が41.7%で最多。「合同説明会」等のイベントが24.3%

9. 就職先決定に際して迷った理由
●迷った理由「大きな決断なので、簡単に決められなかった」が59.2%

10. 理系学生の就職決定方法
●「学校推薦」は、修士22.6%、学部10.7%。「自由応募」は、修士64.9%、学部77.9%

11. Uターン就職の状況
●「Uターン就職者」は15.8%。前年(19.5%)から減少

12. 就職活動の難易度
●「厳しい」(40.7%)は年々減少。「やさしい」は29.5%


※詳細はこちらからご確認いただけます。
http://www.disc.co.jp/column/?p=2002


《調査概要》
調査対象: 2015年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答数:1,248人
調査方法: インターネット調査法
調査期間:2014年7月1日~7日
サンプリング: 日経就職ナビ2015 就職活動モニター

※「日経就職ナビ 就職活動モニター調査」は、株式会社日経HRと株式会社ディスコが大学生の就職活動状況を調査することを目的として実施しています。

※日経就職ナビは日本経済新聞社が主管し、株式会社日経HRが企画・管理を担当し、株式会社ディスコが運営事務局を務めています。


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社ディスコ 広報担当
Tel:03-4316-5500 Email:pr@disc.co.jp
コーポレートサイトURL: http://www.disc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング