消費税率引き上げ前に購入・消費したい…1位が“住居関連”から“食関連”に -第3回 Ponta消費意識調査 2014年2月-

PR TIMES / 2014年2月26日 15時0分

Pontaリサーチ

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第3回 Ponta消費意識調査 2014年2月」を実施いたしましたので、ご報告いたします。



<消費者意識>
・いま購入・消費したい商品・サービス<前回調査比ポイント増減トップ10>
 「食品(ふだん食べるもの)」「外食(ファミリーレストラン)」が増加し、前回調査で増加したトップ3「衣服」「食品(お取り寄せなど、特別なもの)」「タブレット端末」が減少する結果となりました。やや高額・特別なものから、ふだんの食を中心とした生活に密着したものへと消費意識がシフトしていることがうかがえます。

・消費税率引き上げ前に購入・消費したい商品・サービス
 1位「食関連」(26.1%)、2位「住居関連」(21.7%)となり、昨年10月度の調査開始以来初めて、1位が“住居関連”から“食関連”に入れ替わりました。一方、購入したいものが「特にない」が前回より大幅に減少したことから、消費税率引き上げを目前に、何らかの商品・サービスの購入意欲が高まっており、“買いだめ”も視野に入ってきていると想定されます。
 また、特に年収ベースで200万円未満世帯は「食品(ふだん食べるもの)」の買いだめを意識していることが見てとれます。


<ポイント利用意向>
・つかいたくなるポイント数は「1,000ポイント」を超えたとき
 ポイントをつかうのは「ある程度ポイントがたまったとき」が過半数。つかいたくなるポイント数は「1,001~1,500ポイント」(19.6%)がトップとなりました。

※調査結果詳細は下記PDFをご参照ください。
 http://www.loyalty.co.jp/news/2014/20140226/140226.pdf


<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年2月13日(木)~2月16日(日)
パネル:「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をして頂いている方)
回答者数:3,007人 男性、女性×年代別(20・30・40・50・60代以上)の各10セルで300サンプル以上
     ※回答は小数点第2位を四捨五入しています。

[ 参考:過去のPonta消費意識調査実施時期 ]
第1回調査実施・・・ 2013年9月4日(水)~9/10(火)(調査発表 2013年10月2日)
第2回調査実施・・・ 2013年10月30日(水)~11月1日(金)(調査発表 2013年12月10日)


 LMは、「Ponta」の「便利・おトク・楽しい」世界が、いつでもどこでも広がる生活密着型サービスの提供を目指しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング