アドエビス、「Become Feed Platform (BFP)」と連携を開始。膨大なデータフィード広告の効果測定を完全自動化。

PR TIMES / 2018年3月13日 12時1分



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、ビカム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高木 誠司)が提供するデータフィード最適化プラットフォーム「Become Feed Platform (BFP)」の連携を開始することを発表します。
[画像: https://prtimes.jp/i/9812/151/resize/d9812-151-401936-0.jpg ]

商品毎にURLが生成されるデータフィード広告の効果測定は、膨大な計測設定作業が必要となる為、これまで商品単位での細かな効果計測が困難な状況でした。
今回、アドエビスとデータフィード最適化ツール「Become Feed Platform (BFP)」を連携することにより、データフィード広告の計測設定作業が全て自動化され、作業工数を大幅に削減することができます。
これにより、Become Feed Platformの特徴であるスピードを活かした広告出稿と、商品単位での効果計測が可能となります。
また、アドエビスで効果測定を行うことにより、商品毎のアトリビューション分析を始め、Safari ブラウザに追加されたトラッキング防止機能 Intelligent Tracking Prevention(ITP)の影響を受けない正確なデータフィード広告の効果測定も可能です。

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

■「Become Feed Platform (BFP)」について
「Become Feed Platform (BFP)」は、サイトが保有する商品情報を、Googleショッピング広告やCriteo等のデータフィードが必要な広告サービスのフォーマットに最適化し、自動でアップロードを行うデータフィード最適化サービスです。データフィードの最適化により各広告メニューの広告配信の効率を向上させ、よりユーザーに対して適切な商品の訴求が可能になります。

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」: https://www.ebis.ne.jp/
データフィード最適化ツール「Become Feed Platform」: https://corp.become.co.jp/service/feed-2

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001年6月
URL: https://www.lockon.co.jp/
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

■ビカム株式会社概要
会社名:ビカム株式会社
東京本社:〒108-0073東京都港区三田一丁目4番1号 住友不動産麻布十番ビル3階
代表者:高木 誠司(たかぎ せいじ)
設立:2005年9月
URL: https://corp.become.co.jp/
事業内容:
・データフィードマネジメントサービス
・フィード広告運用サービス
・商品検索メディアサービス

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング