コンサートホールが「ジュラシック・パーク」に!!「ジュラシック・パーク in コンサート」開催!

PR TIMES / 2018年8月8日 12時1分

最大の盛り上がりを見せる「シネオケ(R) 」シリーズ、次はクリスマスに「ホーム・アローンinコンサート」



[画像1: https://prtimes.jp/i/13555/151/resize/d13555-151-234632-0.jpg ]

いま映画ファンや音楽ファンが注目するライブエンターテイメント、それが“シネオケ”だ。巨大スクリーンに映し出される圧巻の映像と生のオーケストラが奏でる極上の演奏。先日、東京国際フォーラムで開催された『ジュラシック・パーク in コンサート』も4000人の観客を魅了した。スケールの大きなジョン・ウィリアムズの劇伴が圧倒的な迫力で眼前に広がる。お気に入りの映画が家庭や映画館で観るのとはまったく違った体験として新たな感動を呼び、いつまでも記憶に刻まれるのが“シネオケ”ならではの魅力だ。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13555/151/resize/d13555-151-487064-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/13555/151/resize/d13555-151-654105-2.jpg ]



そして今冬、新たな“シネオケ”として国内初上演となるのが『ホーム・アローンin コンサート』である。名子役、マコーレ・カルキン主演。クリスマスを舞台にちょっとマヌケな泥棒たちを相手に孤軍奮闘、アイデアたっぷりの奇襲作戦でとことんやっつける痛快コメディだ。いまではクリスマスシーズンには必ず観たくなる代表的な作品となっている。映画のスコアを担当したのは『ジュラシック・パーク』と同じくジョン・ウィリアムズ。煌びやかでいて軽妙、ハートウォーミングな音楽は彼の持ち味のひとつ。映画音楽ファンにも人気の高い作品だ。

この『ホーム・アローンin コンサート』。指揮を務めるのは『パイレーツ・オブ・カリビアン フィルム∞オーケストラ』でもタクトを振った斎藤一郎。演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団という文句なしの布陣である。しかも今回はフルオーケストラにコーラス隊も加わり、総勢130名に及ぶ大編成となるのだから驚きだ。クリスマスならではのゴージャスなビッグイベント。今年の冬がいまから待ちきれない。 酒井俊之(映画ライター)

「ホーム・アローン inコンサート」

[画像4: https://prtimes.jp/i/13555/151/resize/d13555-151-853841-3.jpg ]

2018年12月22日(土)18:30開演(17:45開場)
    12月23日(日)13:00開演(12:15開場)
Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)
指揮:斎藤一郎
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
コーラス:未定
英語上映・日本語字幕あり
上演時間:2時間20分予定(休憩1回あり)
チケット料金:
S席:大人 9,800円  S席:小・中人 6,800円
A席:大人 7,800円  A席:小・中人 4,800円
※小・中人は5歳~17歳まで。入場時に年齢の分かる証明書のご提示をお願いする場合がございます。
※5歳未満のお子様はご入場できません。
※車イス席をご利用ご希望のお客様はS席をご購入いただき、キョードー東京( 0570-550-799)までお電話にてご連絡ください。
※チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はどのような場合でもご入場できません。
予約・問:キョードー東京 0570-550-799(平日11時~18時 土日祝10時~18時)

チケット先行販売受付中!
詳しくは公式HPにて http://homealoneinconcert.jp

主催・企画・制作:キョードー東京

<シネオケ(R)とは>
“大スクリーンでの映画上映 X オーケストラ生演奏による音楽” でお届けする新たなスタイルのコンサートがシネオケ。映画のセリフや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をオーケストラが演奏。映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてきます。
ヨーロッパやアメリカで人気を博し、日本でも「ウエスト・サイド物語」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「アリス・イン・ワンダーランド」「美女と野獣」「ジュラシック・パーク」「007 カジノロワイヤル」等の珠玉の名作が上演され、公演を重ねる度に熱烈なファンを築いています。
「シネオケ(R)」は、株式会社キョードー東京の商標登録です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング