6月9日、待望の新機能「クイック仕掛け」登場!トライオートの“仕掛け“ でFXを攻略!!

PR TIMES / 2014年5月23日 10時51分

インヴァスト証券のオートパイロット型裁量FX「トライオート」では、2014年6月9日(月)に新機能「クイック仕掛け」をリリースいたします。トライオートに口座をお持ちのお客様は、本機能を取引ツールから無料でご利用いただけます。
本機能の追加により、裁量FXと自動売買の利点を組み合わせた「トライオート」の特長を最大限に活かした複雑な売買戦略がワンクリックで作成できるようになります。



■「トライオート」とは?
2014年3月にサービスを開始したトライオートは、裁量FXにおける人間の弱点を補い、お客様の損益を改善することを目的に当社が独自に開発した新しいFXサービスです。人間は得意分野である相場予測や戦略立案に注力し、心理的な影響で失敗しがちな取引(エントリーや決済)はシステムに任せて自動売買を行います。トライオートでは「知らない間に利食いが早くなる」「損失が出ても回復を期待して大幅に損切りが遅くなってしまう」などの、人間の感情的なリスクを極限まで排除した取引が可能です。

■トライオートの特長
トライオート独自の発注機能である「オートパイロット注文(AP注文)」は、相場の方向を「上昇」「下降」「レンジ」から選び、僅か3STEPで作成することができます。デフォルトの設定値は簡単に変更できるので、ご自身の裁量で注文をアレンジすることもできます。
最大の特長は、複数のAP注文を戦略的に組み合わせることで、裁量FXでは現実的に不可能だった複雑で手間のかかる取引を実行に移せることです。AP注文を駆使すれば、シンプルな売買戦略から複雑な戦略まで多種多彩な方法で相場を攻略することができます。

■待望の新機能!「クイック仕掛け」ならワンクリックで相場を攻略!!
トライオートの特長を活かすための売買戦略は、これまでお客様ご自身で考え、複数のAP注文を作成しなければいけませんでした。
新機能「クイック仕掛け」は、売買戦略に沿って作られた複数のAP注文が一つの「仕掛け」として登録されており、お好みの「仕掛け」をワンクリックするだけで複数のAP注文を一括で稼働することができます。仕掛けをそのまま使うことも設定値を変更することもできるため、自分だけの戦略を広げることもできます。
クイック仕掛けには、当初「ヒットアンドアウェイ」や「買いゲリラ」といった3種類の仕掛けを投入し、今後、新たな仕掛けを追加していく予定です。ぜひ「クイック仕掛け」機能をご利用いただだきトライオートの醍醐味をご体感ください。

また、「クイック仕掛け」の使い方やポイントは、「トライオート公式サイト」に新設する「仕掛け特集ブログ(仮)」で詳しくご紹介していきますので、こちらもあわせてご覧ください。

■トライオート公式サイト  
http://www.triauto.jp/

■「クイック仕掛け」の概要
【機能追加日】2014年6月9日(月)取引開始時

【利用方法】 トライオート取引ツールに「クイック仕掛け」タブが追加されます。
1.インヴァスト証券ホームページから「Myページ」にログインします。
2.Myページ画面右「トライオートログイン」ボタンをクリックします。
3.トライオート取引ツールの「クリック仕掛け」タブをクリックすると、設定されている仕掛けが表示されます。

【当初搭載されるクイック仕掛けの概要】
■ヒットアンドアウェイ
相場の反発を狙うエントリータイプ「カウンター」で買いと売りのAP注文を同時に仕掛け、上下どちらか5pipsの反発を狙います。
利食い(ヒット)は5pipsで次の注文(アウェイ)は10pips引いた価格で待ち構える仕掛けです。
AP注文数:2


■買いゲリラ
買いのカウンター注文の利益確定値とカウンター値を20pips刻みに設定したAP注文を5本同時に仕掛けます。各AP注文は、1敗したらそれぞれ稼働を停止します。
1円(100pips)の値幅を上下するようなレンジ相場や、スタートの値から1円以上下がらず上昇に転じると予想したときに有効です。
AP注文数:5


■売りゲリラ
買いゲリラの「売り」バージョン。
売りのカウンター注文の利益確定値とカウンター値を20pips刻みに設定したAP注文を5本同時に仕掛けます。各AP注文は、1敗したらそれぞれ稼働を停止します。
1円幅で上下するレンジ相場や、下降に転じると予想したときに有効です。大きく下降した場合には勝ち逃げができます。
AP注文数:5


■トライオート「スプレッドの標準化」について
トライオートのスプレッドは、市場環境を反映した変動制としていたため当社ホームページ等で開示をしておりませんでしたが、2014年6月9日より、全通貨ペアを標準スプレッドに移行いたします(※1)。
各通貨ペアのスプレッドは下表のとおりです。

【改正日】 2014年6月9日(月)取引開始時より

[通貨ペア] 標準スプレッド(pip)
・通貨ペア:標準スプレッド(pip)
・米ドル/円 :2.0
・ユーロ/円 :2.0
・英ポンド/円:2.5
・豪ドル/円 :2.5
・カナダドル/円:3.0
・ユーロ/米ドル:2.0
・NZドル/円 :3.0
・南アランド/円:2.5
・スイスフラン/円:3.0
・英ポンド/米ドル:3.0
・米ドル/スイスフラン:3.0
・豪ドル/米ドル :2.5
・NZドル/米ドル :3.0
・ユーロ/英ポンド:2.5
・ユーロ/豪ドル :3.0
・ユーロ/スイスフラン:2.5
・英ポンド/スイスフラン:3.0
・豪ドル/NZドル :3.0

※1.全26通貨ペアのうち上記に記載のない8通貨ペアは、取扱い休止となる通貨ペアです。
 6/16より、新規取引が停止となるため、同通貨ペアのスプレッドは従来の変動制を適用させていただきます。
・円貨建て通貨ペアを1万通貨お取引する場合0.01円の変動幅に対して10円の差損益金が発生します。
・外貨建て通貨ペアを1万通貨お取引する場合、対米ドルだと0.00001米ドルの変動に対して0.1米ドルの差損益金が発生します。
・天変地異等による突発的な相場急変時や重要な経済指標の発表前後、NYクローズ前後の流動性低下時などインターバンク市場の動向により上記のスプレッドをご提供できない場合がございます。
・標準スプレッドは予告なく変更する可能性があります。

本社所在地: 東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル
代表者 : 代表取締役社長 川路 猛
資本金 : 59億6,508万円
設立 : 昭和35(1960)年8月10日
事業内容 : 金融商品取引業
登録番号 : 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
加入協会 :一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

【リスク・費用などについての重要事項】
本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、有効比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。
●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、1万通貨あたり想定元本の円換算額の4%以上(法人は1%以上)で、証拠金の最大25倍(法人は100倍)までお取引が可能です。 ●本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。お取引にあたっては、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。 「TriAuto」の詳しいリスクについては当社ホームページをご覧ください。
【TriAutoに関する重要事項】 ・「TriAuto」(以下「本サービス」といいます)は、お客様がオートパイロット注文を作成し、オートパイロット注文作成時に設定した条件にしたがって自動で売買を行う取引システムです。また、お客様の裁量により、成行注文での手動決済売買を行うことも可能です。
・作成したオートパイロット注文は、無効にすることや、削除することができます。その際、既に自動売買で成立したポジションについては、自動売買により決済されますが、手動売買で決済することも可能です。・複数のオートパイロット注文を組合せた場合、利益が大きくなる可能性がある半面、損失が増幅する可能性があります。・本サービスは、当社が正確性・確実性を期すよう努めておりますが、完全性を保証するものではありません。また、予告なしに情報および内容を変更する場合がありますのでご注意ください。・本サービスの利用によって生じた損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、損害の種類を問いません)やその修理費用などに関して、当社は、一切責任を負いませんのでご了承ください。・本サービスは、相場状況等によってはオートパイロット注文がエラーとなる場合があります。オートパイロット注文がエラーとなった場合、オートパイロット注文は再度発注されません。・本サービスは、相場状況等によっては設定した価格と発注価格が大きく乖離する可能性があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング