【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第19回 秘蔵の名品アートコレクション展』~モネ ユトリロ 佐伯と日仏絵画の巨匠たち-フランスの美しき街と村のなかで-~

PR TIMES / 2013年5月2日 12時34分

フランスの美しい街や村で生まれた最高傑作に出会う

企業文化交流委員会(委員長:株式会社ホテルオークラ東京 代表取締役社長 清原當博)は2013年8月7日(水)から9月1日(日)までの26日間、ホテル独自のチャリティ-絵画展「第19回 秘蔵の名品 アートコレクション展」を開催いたします。今夏は、印象派の牽引者クロード・モネの《睡蓮》や印象派に続きフランスにて活躍した佐伯祐三の名作《リュクサンブール公園》など、フランスの風光明媚な街や村を描いた日仏絵画の巨匠たちの名作約90点を一堂に展示いたします。





<19回目を迎えるホテルオークラ東京独自の絵画展>

ホテルオークラ東京の創業者 大倉喜七郎は、横山大観などの日本画家たちを全面支援し、1930年にイタリア・ローマにて「日本美術展覧会」を開催するなど美術をはじめとする芸術への造詣が深く、「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という強い理念を抱いていました。その思いを継承し、ホテルオークラ東京では1994年より毎年独自のテーマのもと80~90点程の作品を全国各地の企業・個人所蔵家・美術館より収集し、秘蔵の名品と言われる数々の作品をご紹介する「秘蔵の名品 アートコレクション展」を開催してまいりました。
第1回よりチャリティーイベントとして開催し、第18回までに延べ約45万人のお客様にご来場いただき、総寄付金額は約1億6千万円に達しました。同展における純益の全ては日本赤十字社等を通じて、社会貢献のために寄付いたします。


 
<本年の展覧会の見どころ>

19世紀後半から20世紀前半にかけてパリでは新たな美術運動が次々と誕生し、芸術の都として多くの芸術家を魅了していました。印象派の画家らはその街と近郊の村々の風景を新しい光と色彩で表現し、世界各地から集まった多くの画家らは、エコール・ド・パリと呼ばれる個性的な芸術を開花させたのです。藤田嗣治や佐伯祐三など情熱に燃える多くの日本人画家も海を渡り、本場の芸術に対峙していました。ホテルオークラ東京の今夏の絵画展にて一堂に会するモネ、ユトリロ、佐伯をはじめとする日仏絵画の巨匠らの秘蔵の名品を通して、彼らが愛し、そして今なお世界中の人々を惹きつけてやまない街(パリ)と村々の憧れの風景美をお楽しみください。 監修:金原 宏行(豊橋市美術館博物館 館長)・岡部 昌幸(帝京大学文学部史学科 教授)


<主な出展作品>

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング