増税前の自動車購入駆け込み実態に関する調査(マクロミル 日刊自動車新聞 共同調査 )

PR TIMES / 2014年3月12日 14時25分

■ 今年の3月末までに自動車を購入した人/納車予定の人の2人に1人は
 消費税の増税を意識した“駆け込み層”

■ 2014年4月以降に納車を予定している人の48%は
 3月末までに納車が“間に合わなかった”

■ 今後、自動車の購入を希望している人の半数以上は
 消費税増税10%を現時点で意識

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉、以下「マクロミル」)は、
日刊自動車新聞と共同で、全国の20~69歳、1,032名を対象に
「増税前の自動車購入駆け込み実態に関する調査」を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2月18日(火)~2月21日(金)。




<調査背景>
2014年4月に施行される、消費税率の増税ならびに自動車課税の見直しに際し、自動車の購入への影響度合いについて調べました。

<調査概要>
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 全国20~69歳男女、自動車の購入時期・意向時期別に選定
「2013年12月~2014年3月末に自動車を購入した方/納車を予定している方」206名
「2014年4月以降に納車を予定している方」105名
「2014年3月末までに購入・納車を希望している方」206名
「2014年4月以降に購入を希望している方」206名
「一般の方(自動車を保有し運転をすることがある方)」309名
(いずれもマクロミルモニタ会員)
調査日時 : 2014年2月18日(火)~2月21日(金)
調査機関 : 株式会社マクロミル

■今年の3月末までに自動車を購入した人/納車予定の人の2人に1人は
 消費税の増税を意識した“駆け込み層”

今年の3月末までに自動車を購入した人、納車予定の人に対して、自動車の購入がその時期になった理由を尋ねました。
2013年12月~2014年2月の間に自動車を購入した人のうち、56.5%が「消費税が増税されるから」と回答。
また、今年3月末までに納車を予定している人では「消費税が増税されるから」が77.9%にのぼりました。
今年3月末までに自動車を購入した方のうち、半数以上が消費税増税に際し、
駆け込みを意識した層であったことがうかがえます。
2013年12月~2014年2月の間に自動車を購入した人のうち48.6%、また、この3月末までに自動車の納車を予定している人のうち66.2%は、
消費増税や自動車課税の見直しがあることで、購入時期の予定を早めたと回答しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング