学生が就職活動を意識し始めた時期は、全体的に後ろ倒しの傾向 -『[en]学生の就職情報』2013年度新卒採用 マーケット速報-

PR TIMES / 2012年3月7日 10時40分



 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』(http://gakusei.enjapan.com/)は、2013年3月卒業予定の学生と求人企業を対象に、『2013年度新卒採用』についての調査を実施いたしましたので、以下、概要をご報告いたします。

------------------------------------------------------------------

学生が就職活動を意識し始めた時期は、全体的に後ろ倒しの傾向
平均エントリー社数は47.7社で、前年同時期より大幅減少

約3割の企業が会社説明会の開催回数を前年よりも「増加」

------------------------------------------------------------------

【【調査概要1>>学生動向】】

【就職活動に対するイメージ】
●就職活動を意識し始めた時期は、2011年度、2012年度に比べ全体的に後ろ倒しの傾向

先輩と比較した就職活動に対する印象について、前年より楽観視している学生が増加

 学生が就職活動を意識し始めた時期は、2011年度、2012年度と比較して、全体的に後ろ倒しとなりました。2011年度、2012年度では意識し始めるピークが4月、6月、10月であるのに対し、2013年度は10月と12月がピークとなっています。

先輩と比較した就職活動の印象は、「先輩よりもかなり就職しやすいと思う」「先輩よりも少し就職しやすいと思う」と回答した学生が12.2%(前年:7.4%)で、前年比4.8ポイント増加しました。また、「変わらない」と回答した学生も49.8%(前年:46.5%)と前年比でやや増加しています。

【志望企業について】
●入社したい会社の条件は「人々に喜んでもらえる」がトップ

企業規模は「特に規模にはこだわらない」が約6割

 全体の傾向として、入社したい会社の条件は「人々に喜んでもらえる」「給与・福利厚生・休日休暇など待遇が良い」が上位となりました。
この他、文理別では、理系で「学生時代の経験・専門知識を活かせる」が上位となり、男女別では女性で「風通しの良い社風」が上位でした。

また、就職活動において関心のある企業規模について「特に規模にはこだわらない」という回答が61.7%(前年:67.5%)でした。前年比で5.8ポイント減少ですが、男女ともに過半数を占めました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング