BSIジャパン、農園認証のCoC(加工流通過程の管理)審査サービスを開始

PR TIMES / 2013年1月11日 15時18分

~レインフォレスト・アライアンスと業務提携~

 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、世界的な非営利団体であるレインフォレスト・アライアンス(本部アメリカニューヨーク プレジデント Tensie Whelan)と、持続可能な農業経営に対するレインフォレスト・アライアンス認証に関する新しい審査制度であるCoC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)の審査サービスにおいて、業務提携することを決定し、日本で初めてサービスを開始致しました。このCoC審査を行うことにより、レインフォレスト・アライアンス認証農園産の製品が、消費者に届くまで基準に従い管理され、正確性及び透明性をこれまで以上に確保することに貢献します。


 レインフォレスト・アライアンス認証は、Sustainable Agriculture Network (以下SAN)が規定した環境面・経済面・社会面での厳しい基準をクリアした持続可能な農業経営を実現する農園を認証する制度です。認証を受けた農園は、その農産物に、レインフォレスト・アライアンス認証マーク(※1)を商品に貼付することができます。これまで、農業を対象とした認証は、「農園」に対する審査のみでしたが、2012年5月よりSAN 及びレインフォレスト・アライアンスは、CoC審査により、「農園」から「消費者」を繋ぐ「サプライチェーン」に対して審査の対象を広げることを決定しました。レインフォレスト・アライアンス認証農園からの製品が、SANの基準に従い管理され、確実に消費者へ届くようするための制度です。このことにより、レインフォレスト・アライアンス認証マークを使用している製品の流通及び加工に関わる組織は、CoC審査を受ける必要があります。


 カエルをモチーフにした認証マークは、消費者へレインフォレスト・アライアンス認証農園で作られた農産物であることを一目で伝え、消費者が認証マーク付きの製品を選ぶことにより、農園の持続的な管理及び責任ある環境保全に対する取組みに貢献することができます。レインフォレスト・アライアンス認証は、主に、コーヒーや紅茶、カカオ、バナナ等を栽培する農園に与えられており、農園開拓による森林の伐採で環境破壊などが懸念される地域で取組みが広まっています。現在、世界で約82,000農園、生産面積約230,000haがレインフォレスト・アライアンス認証を受けています。(2012年7月末)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング