ステフィン・カリー選手シグネチャーモデルアンダーアーマー「UAカリー3」10月29日(土)より新色を順次販売

PR TIMES / 2016年10月27日 14時34分

http://www.underarmour.co.jp/basketballl/curry-shoe-collection/curry3/

 アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役 CEO 安田秀一)は、NBA 2年連続MVPに選出されたステフィン・カリー選手(PG ゴールデンステート・ウォーリアーズ)のシグネチャーモデルの第3弾となる「UAカリー3」シリーズを10月29日(土)より順次販売します。
 また、同時に同選手が出演するプロモーション動画「MAKE THAT OLD」をアンダーアーマー日本オフィシャルサイトで公開します。




[画像1: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-660952-0.jpg ]


 カリーシリーズは、常に最高のパフォーマンスを求めるカリー選手のためにアンダーアーマーの最先端の機能や素材を搭載し、そのダイナミックで緻密なプレーを足元から支えています。第3弾となる今シリーズでは、新テクノロジー“スレッドボーン”によって、無駄をそぎ落とし、軽量性、通気性、耐久性、フィット感を向上させました。

 「UAカリー3」は、アンダーアーマー公式オンラインショップ、アンダーアーマー直営店のほか、一部の量販店や専門店で取り扱います。展開するそれぞれのカラーには、カリー選手のストーリーが背景にあり、10月29日以降、12月まで順次新色を展開します。
お取扱い店や展開カラーの詳細は、アンダーアーマー公式サイトにてご覧いただけます。
アンダーアーマー公式サイト: http://www.underarmour.co.jp/basketballl/curry-shoe-collection/curry3/


【アンダーアーマーのフットウェア開発へのこだわり】
 1996年、アンダーアーマーはアスリートのパフォーマンス向上を追求した結果、吸汗速乾性に優れ、まるで第二の皮膚のごとくフィットする「コンプレッションアパレル」を生み出しました。機能性ウェアに対するモノづくりの考え方は、アンダーアーマーの原点の発想としてフットウェア開発にも受け継がれています。 アンダーアーマーのフットウェアは、スピードと快適さを求め、ストレスを排除した最高のフィーリングを実現するために、ソールはもちろん、アッパーの構造や素材にまでこだわり、独自のテクノロジーを搭載しています。

■UAカリー3ー究極のサポート 全てを支配するー

アンダーアーマー最先端の4つのテクノロジーを搭載。
スレッドボーンアッパー:軽量で縦横それぞれに適した強度を誇るアッパーが、安定感を確保。
メタウィング:カーボンファイバー製のシャンクが、かかと、アーチ、前足部まで足全体を支える。
アナフォーム:解剖学に基づいた設計で、足全体を快適に包み込む。
UAチャージド クッショニング:堅さの異なる2つのパーツが着地時の衝撃を吸収し、爆発的な一歩を生み出す。

[画像2: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-530006-2.jpg ]

【 商 品 名 】UAカリー3
【日本展開カラー】全10カラー
【メ ン ズ サ イ ズ】25.0cm-30.0m,31.0cm
【 価 格 】¥21,000+税
【 発 売 日 】2016年10月29日(土)~
※各色の取り扱い店舗、詳細発売日はアンダーアーマー公式サイトにてご覧いただけます
[画像3: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-520565-3.jpg ]



■ステフィン・カリー

[画像4: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-276893-1.jpg ]


Stephen Curry (ステフィン・カリー)
PG/SG ゴールデンステート・ウォリアーズ
1988年3月、米国オハイオ州アクロン生まれ。NBA選手の父と、元バレーボール選手の母という恵まれた環境のもと、シャーロット・クリスチャン高校時代からバスケットボールの頭角を現す。デビッドソン大学3年終了後の2009年、NBAのゴールデンステート・ウォーリアーズから1巡目で指名を受けて入団。
3ポイントシュートの名手として知られ、15-16シーズンは自身の3ポイントシュート記録を塗り替え、2年連続でMVPに選出されるなど、今、最も注目の選手。


■UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)

[画像5: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-985379-4.jpg ]

「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。
近年急速に普及した身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散し、身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいます。米国本社での売上高は2010年10億ドル突破、 2015年36億ドル突破と伸び続け、時価総額は160億ドルを突破。1996年の創業以来、驚異的な成長を続けています。

日本においても、読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー・Jリーグ)、琉球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック ワイルドナイツ(ラグビー)のユニホームサプライヤーとなっているほか、柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)、山田章仁選手(パナソニック ワイルドナイツ)、ケンブリッジ飛鳥(陸上)、宇津木瑠美選手(サッカー女子日本代表)、モデルのKellyさんら多くのトップアスリート・モデルのパフォーマンスを支えています。


■株式会社ドーム

[画像6: http://prtimes.jp/i/3939/154/resize/d3939-154-278501-5.jpg ]


1996年創業。
テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開しています。ドームは「社会価値の創造」という理念のもと、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング