ボトルカクテル新商品「アリビオ」販売開始

PR TIMES / 2021年1月21日 16時45分

浅野陽亮さんによるバカルディ レガシーカクテルコンペティション 2020 日本大会優勝カクテル「アリビオ」をボトリング

BAR TIMES STORE では、自宅にいながらプロのカクテルが味わえるボトルカクテルの新商品「アリビオ」(製造:株式会社JCCエージェント)の販売を1月21日より開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4291/154/resize/d4291-154-548663-0.png ]



ボトルカクテル

その名の通りカクテルをボトルに詰め込んだ商品です。海外ではすでにブームとなっていましたが、日本ではコロナ禍でバーに行けない中、自宅で手軽にプロのカクテルが味わえるということで話題が高まり、続々と商品がリリースされています。ご自宅でゆっくりとトップバーテンダーのスペシャルなカクテルを愉しんでください。すでに完成されたカクテルです。ストレートでも、オンザロックでも、ソーダ割りでも手軽にプロフェショナルなカクテルを味わうことができます。
BAR TIMES STORE の取り扱いボトルカクテル
https://www.bar-times.com/contents/82953/

バカルディ レガシーカクテルコンペティション

世界中のトップバーテンダーが集い、モヒートやダイキリなどに次ぐ、次世代の定番カクテルを見つけ出すことを目的とした、世界で最も権威のある大会のひとつです。
https://www.blccjapan.jp/


[画像2: https://prtimes.jp/i/4291/154/resize/d4291-154-343281-2.png ]

浅野 陽亮(Yosuke Asano)
京都府亀岡市生まれ。大学卒業後は北海道に移り住み、競走馬の牧場で働いていたという異色の経歴を持つ。26歳の時、石川県のリゾートホテルで勤め始めたことをきっかけに、バーテンダーという職に出会う。その後、東京のラグジュアリーホテルのバーや、銀座、祇園のバーで修業を積み、2014年開業して間もないザ・リッツ・カールトン京都に入社。現在、同ホテル「ザ・バー」のヘッドバーテンダーを務める。「バカルディ レガシーカクテルコンペティション 2020」日本大会優勝

「アリビオ」のコンセプト

人生の中で、時に自分の進むべき道に迷うこともある。そんなときは焦らず、心を休め、ゆっくりと自分を見つめなおそう。このカクテルがそんなあなたの背中をそっと押す手助けとなりますように。
Be true to yourself. 人生は一度きり。自分の心に正直に生きよう。

「アリビオ」の特徴

商品名の「アリビオ」とはスペイン語で「安らぎ」を意味します。ベースになるラム、バカルディエイトの長期熟成によって得られる芳醇な香りと深みのある味わいに、バナナの優しくまろやかな甘さ、ハーブリキュールの風味溶け込みます。柑橘の風味がカクテル全体の味わいをキリっと引き締め、ジンジャーシロップは甘味と共にすっきりとした余韻をもたらしてくれます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/4291/154/resize/d4291-154-742836-1.png ]

おすすめは氷を入れたロックスタイル。氷が溶けることで味わいにも変化が生まれ、最後まで飽きることはありません。またカクテルの上からライムピールを振りかけ、爽やかな香りを加えると、より美味しくお召し上がりいただけます。さらにソーダやジンジャエールで割れば、すっきりとしたローアルコールカクテルとしても、お楽しみいただけます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/4291/154/resize/d4291-154-633009-3.jpg ]



商品概要
商品名:ALIVIO(アリビオ)
品目:リキュール
容器・容量:瓶・500ml
アルコール分:15%
製造者:株式会社JCCエージェント
価格:3,900円(税別)

購入ページ
http://www.bar-times-store.com/products/detail1943.html

バカルディ ラム

コウモリのマークをロゴに使用したスピリッツ、バカルディはバーテンダーから絶大な信頼を得ている世界No.1∗ラムです。1862年の創立以来150年以上に渡りそのスムースなフレーバーが愛されモヒート、キューバリブレ、ダイキリなど様々なトロピカルカクテルの誕生に寄与してきました。品質にこだわるバカルディラムは、現在では世界中でラムのスタンダードとなっています。 https://www.bacardijapan.jp/ ※2019年1~12月販売量・金額において(IWSR調べ)


株式会社JCCエージェント 代表取締役 山崎 勇貴

自身もバーテンダーとして世界を巡る中、2011年カナダ・トロントの大使館にて行われた東日本大震災チャリティーイベントで提供した紫蘇カクテルの大好評を機に、和素材のビターズ※開発に着手。2018年より千葉の民家を改装した製造工場にて「旨味」「柚子」「紫蘇」などのビターズを製造・販売。海外では既に人気の「Bottled Cocktail」については2019年頃より製造構想を練っていたが、2020年コロナ渦でバー業態の営業が制限されるのを機に、早急にバーファン支援策として開発・発売。今後もバーテンダーとしての知識と経験を活かし、大手酒造メーカーとは違う視点での商品を開発予定。※ハーブやスパイス、香草などといった様々な原材料を、酒に漬け込んでつくられたリキュール。主にカクテルの最後に数滴加え、味わいに奥行きや立体感を出すために使用される。


BAR TIMES STORE について

バーカルチャーメディア BAR TIMES が運営するバー用品専門店。
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル6F
電話番号: 03-6801-6767
営業時間:12時~18時(年末年始を除き年中無休)
mail:info@bar-times-store.com
https://kitazawa-kikaku.com/bar-times-store/
http://www.bar-times-store.com/
https://www.facebook.com/BARTIMESSTORE/
https://www.instagram.com/bartimesstore/

BAR TIMES について

バー、カクテルの専門メディア、YouTube、FacebookなどSNSでは20万を超えるフォロワーを有しています。
https://www.bar-times.com/
https://www.youtube.com/c/BARTIMES
https://www.facebook.com/BARTIMESPAGE/
https://www.instagram.com/bartimes_tokyo/

BAR TIMES STORE の取り扱いボトルカクテル

https://www.bar-times.com/contents/82953/

[画像5: https://prtimes.jp/i/4291/154/resize/d4291-154-636992-4.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング