2014年下半期 海外商品「マッハ」「ベストツアー」発表

PR TIMES / 2014年8月8日 11時6分

■2014年上期、日本旅行は、

(株)日本旅行(東京都港区、社長:丸尾和明)は東京・大阪・名古屋発 2014年下半期(10月~3月出発、一部商品~4・5月出発)の海外パッケージ商品 「マッハ」「ベストツアー」発売を開始いたしました。

2014年度は、良質内容充実の企画提案型商品の充実に加え、高品質商品群の強化を図ります。また、引き続き熟年・シニア層と女性層を重点顧客層に据え、一層の専用商品の拡充を図るとともに、より幅広い層のお客様に選ばれる商品の提供を目指して、“感動と満足の旅”をご提案します。

1.  最重要方面“ヨーロッパ”の強化
★Keyword
羽田発コース拡充・上位航空座席コースの強化・季節型商品

2014年下期、日本旅行では“ヨーロッパ”を最重点方面と捉え、地方需要の取り込み拡大も視野に、羽田発コースを大幅設定、好調なビジネスクラス・プレミアムエコノミー利用コースを専用商品として強化、同商品については、発売日を前年より1ヶ月以上前倒しました。また、“クリスマス”や“オーロラ”などの季節型素材を打ち出した商品については、オフ期メリットを生かし、リーズナブルな価格設定にて専用商品を発売します。

2.“ハネムーナー向け商品”の強化
★Keyword
ヨーロッパ・オーストラリア・アメリカ方面におけるコース拡充

特に秋のハネムーナー需要に向け、ロング方面のヨーロッパ・オーストラリア・アメリカ方面にて専用商品並びに専用コース掲載の半期型商品を強化、約3週間前倒して発売。最重要方面のヨーロッパでは、専用商品「感動の宝石箱 ヨーロッパ」のコースラインナップを対前年約40%増、下期オンシーズンのオーストラリアは同方面ならではの大自然をメインとした専用コースを。またアメリカでは人気のオーランドのコースバリエーションを拡充している他、ディズニードリーム号を利用したクルーズコースもラインナップ。

3.“熟年・シニア”向け商品”の強化
★Keyword  
フライ&クルーズ、中南米・アジア方面におけるコース拡充

2014年度日本旅行の重点顧客層熟年・シニア層に向けては、フライ&クルーズ商品、中南米・アジア方面における観光充実型コースを強化。下期オンシーズンの中南米方面については、コースラインナップを対前年約40%増、メディアで話題のウユニ塩湖、リオデジャネイロ、べリーズなどに注目。また、アジア方面については、特に、好調の台湾方面、熟年人気のアンコール遺跡やベトナム、インド等南アジアの対象コースを強化します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング